転職が上手くいかない人の特徴と転職を成功させるポイント

スポンサードリンク

転職が上手くいかない人は、なぜ転職活動に失敗してしまうのでしょうか。

私は転職エージェントのキャリアコンサルタントとして事業経験、実務経験があり多くの求職者の方の転職支援をさせて頂いてきました。

この経験から、転職活動が上手くいかない人はどんなタイプなのかを、いくつか紹介しつつ、転職活動を成功させるためのポイントについても説明します。

転職活動で上手くいかない人の特徴

転職活動で上手くいかない、いっていない人の特徴はいくつかあるのですが、その代表例が情報収集不足です。

求職者のみなさんはだれしも転職市場という土俵の上で転職活動をする訳ですが、その土俵の状況を知らずに転職活動をしてしまっている人が多いです。

転職市場は生ものと言われるように、その時々で状況が変わります。

大きくは売り手市場と買い手市場の2つになるのですが、買い手市場の状態で転職活動をしてしまうと、本来うまくいくべき人でも上手くいかないこともあります

売り手市場とは、求職者の方が有利な市場で転職市場に多くの求人がある状態を言い、買い手市場は逆に企業が有利で求人が少ない状態を言います。

転職活動においては、求人の多い少ないは求職者のみなさんの転職活動そのものに大きな影響をもたらす生命線のようなものです。

情報が不十分で、転職を決意して活動しようとしたら求人が少ない状態というのは避けたいところです。

転職エージェントを利用していない

今の時代の転職市場には複数の転職方法が存在しますが、その中心は転職エージェントです。

かつては、転職サイトの方が主流だったのですが、採用する企業の動向が変化し転職エージェントを利用する企業が急増しました

それにより求職者のみなさんも転職エージェントを利用して転職活動することが当たり前の時代になっています。

先程、転職活動の生命線は求人の豊富さであると伝えましたが、求人が集まらない転職方法を利用しても転職市場に求人が豊富にあっても求職者のみなさんに直接入ってくる求人は少ないため意味がありません。

例えばハローワークです。ハローワークは最も求人数が少ない転職方法ですが、転職エージェントに豊富に求人があっても転職方法をハローワークにしては求人を得る機会を失っているようなものです。

転職活動において、極端なことを言えば求人さえあれば転職することができてしまいますので、転職成功を実現するためには求人が豊富にある転職エージェントを利用しなければ光は見えてこないと言って良いです。

職活動が上手くいかない人は、まずは転職エージェントに登録することから始めてみて下さい。

自己分析不足

次に準備の話になりますが、転職活動をしていても途中で転職軸がブレてしまう人が非常に多くいます。

転職に限らず何をやるにも準備の徹底がその後の成果に結びつきますので、転職においてはその準備が自己分析になりますので自己分析を徹底的にやりましょう

逆に自己分析ができていない場合、その求職者の方は転職活動で上手くいかないケースが多いです。

では、自己分析とはどのようなものでしょうか。

字面で何となく分かると思いますが、自分を分析するということですが、その目的は自分を単純に分析するのではなく、転職を目的として分析するということです。

自己分析は別名で自分史とも言われるものですが、それまでの人生を自分で年表式に作成し、その時代、時代でどのようなことがあったのか、なぜ、そのような決断を自分は取ったのかなど具体的に明確にします。

それをすることで、自分が何を目指すべきか、何が得意で何が不得意なのか長い歴史のなかからひも解くことができ、転職活動を行う上での転職軸を明確に定めることができます。

自己分析により、それまで得意としていた職種が実はそうではなかったり、その逆も発見することができます。

そして、転職活動をスタートさせ、転職エージェントを利用すると自分で思ってもみないような量と種類の求人を見る機会があります。

最初のうちは新鮮なのですが、少しずつ、求人の違いが分かなくなったり、また、当初、転職活動をはじめた時期とは違う求人に魅力を感じてしまうことが良くあります。

このようなときに役立つものが自己分析です。

求人の違いが分からなくなり、どれに応募しどれを見送りにするかの判断基準を自己分析からヒントを探し、または、魅力的に感じてしまった求人を冷静な目で見るための材料にすることが自己分析にはあります。

転職エージェントに在籍するキャリアアドバイザーのほとんどは、求職者の方に自己分析をするようアドバイスをするぐらい自己分析は外せませんし転職活動における軸を定めるキーポイントになるのです。

書類選考が苦手なタイプは理由がある

どのような求職者の方でも企業の選考を受けなければ転職することはできませんし、その選考のなかでも面接以上に選考通過率が低い選考が書類選考です。

転職エージェント業界では書類選考を『鬼門』と表現するぐらい狭き門になっています

書類選考がそこまで狭き門である理由は企業の採用活動の裏事情があるのですが、今回は趣旨が異なりますので割愛させて頂きます。

書類選考を通過すると面接になりますが、面接は書類選考ほど通過率が低いものではないので、面接慣れなどをすれば比較的、今の売り手市場では通貨できると考えて良さそうです。

書類選考を得意とする人がいて、逆に書類選考を苦手とする人がいます。

この両者の違いはどこにあるでしょうか。

正解はしっかりとしたプロからの視点でレジュメ作成や添削をしているかどうかです

本当にそこだけです。

書類選考を苦手としている人の特徴は、転職エージェントのアドバイスを聞き入れず、または、面倒くさがり添削のアドバイスを受けようとしません。

たったそれだけで人生も左右しかねない転職の鬼門と言われる書類選考の通過率が変わるのです。

企業の選考において書類選考は求職者のみなさんは目で見ることができない面接とは違った性格を持つ選考です。

しかし、転職エージェントを利用するとレジュメの添削サービスがあるので目に見えない選考を、転職エージェントの企業との取引実績からその企業がどのようなポイントを着目しどのようなところを評価するのか教えてくれます。

また、企業ごとに特徴が違うため、企業の特徴に合わせたレアアウトの組み方、書き方を教えてくれます。

この添削サービスを真面目に受けることで書類選考の通過率は随分変わりますし苦手意識も克服できるはずです。

転職活動で成功させるためのポイント

転職活動で成功させるためのポイントは極端なことを言えば転職活動で上手くいっていない人とは真逆のやり方をすれば良いのですが、もっと具体的にお話します。

転職活動で成功するためには、求人がある方法で転職活動を行うこと、転職エージェントを利用すること、転職エージェントの転職支援をしっかり受けることがメインになりますが、その他のポイントをこのあとご紹介します。

転職サイトと転職エージェントの並行

転職サイトよりも転職エージェントの方が主流になっている時代ですが、転職サイトを運営する企業には転職エージェントも運営している大手企業が存在します。

転職サイトに登録をすると、自分で選択することができるのですが、転職エージェントも同時に利用するというチェックボックスがありそこにチェックします

そこにチェックするだけで転職エージェントも同時に利用することが可能となり、転職活動の幅はさらに広がります。

転職サイトで見つけた自分の希望に合う求人を転職エージェントに依頼し紹介してもらうこともできますし、実は、転職サイトにはもう1つ充実した機能が存在します。

転職エージェントは複数登録すること

これだけ転職エージェントの数が豊富にあるなかで、1社の転職エージェントに限定して転職活動をすることはあまり効果的なやり方とは言えません。

企業も同時に複数の転職エージェントを利用する時代ですので、複数の転職エージェントを利用することで求人の数は重複もありますが増やすことができます。

複数の転職エージェントを同時に利用するもう1つのメリットは、1社の転職エージェントだけではその転職エージェントが言っていることがすべてになってしまい情報の正確性や信ぴょう性に欠けます

転職エージェントのなかには求職者の方を利益の源泉としか考えていない転職エージェントも存在するので、そのような防止目的として複数の転職エージェントを利用して内容を確認するのです。

そうすることで、情報に関しての正確性などを担保することができ、安心した転職活動を行うことができるのです。

転職活動で上手くいなかい人にはうまくいかない理由があり、上手くいく人にはそれなりの理由が存在します。

転職活動は、他の求職者の方の動きを知ることができない特殊な行動になりますので、そのときは、転職エージェントをうまく利用し他の求職者の方の成功事例を聞き出すこともヒントになります

転職エージェントを活用することで今うまくいかない原因を解決し良い方向に導いてくれるでしょう。