転職で簡単に採用される条件 キャリアコンサルが教える転職術

スポンサードリンク

転職活動は簡単に終わらせることが難しく、人生で何度も行うことのない行動です。

そのため、転職に関する情報を求職者の方はなかなか得ることは簡単ではありませんし、他の求職者の動向を知る方法も転職エージェント以外から得ることは難しいです。

だれしも、転職活動を楽しいと感じるということはあまりないでしょうし、むしろ、早く転職活動を終わりにしたいと思うでしょう。

もっと言いますと、『簡単に転職できる方法はないだろうか?』と一度は思ったことがあると思います。

そのような求職者の方のために、転職活動で簡単に採用される転職活動術をご紹介したいと思います。

最も簡単な転職活動はコネ採用

簡単に採用されるための転職活動術の筆頭は、友人紹介というコネを利用することです。

コネの採用は、求職者の方の経験や実績などの経歴を一応は企業は見ますが、基本的にはコネの相手となる自分の友人や知人のその企業での信頼が一番になります。

そのため、求職者の方はその友人や知人の信頼を武器に採用されるということになります。

簡単採用にはコネの相手が大事

コネの対象となる友人や知人がその企業でどのような立場なのか、またはその企業で働いていなくてもその友人や知人がその企業の決定権を持つ経営者とどのような関係性にあるのかが大事です。

変な話ですが、コネの対象となる友人や知人がその企業に在籍していたとしても、入社間もない新卒であれば、経営者との距離は遠く、コネとは言えないぐらいの環境になります。

そのため、コネと言っても採用されないことはもちろんのこと、書類選考で見送りになるというケースが想像できます。

コネ採用を使う重要ポイントは、いかに経営者と近い距離感にコネの対象者がいるかです。

コネの対象が経営者であれば、まず間違いなく採用されるでしょうし、経営者と近い距離感であれば採用される可能性はかなり上がります。

コネとは別名で人脈とも言いますが、ビジネスは人脈ですし転職活動もビジネスの一種です。

是非とも、日ごろから人脈づくりを怠らず転職活動にも役立てる環境を自分で整備しておきましょう。

そうすることで、他の求職者の方は自力で企業の選考を受けて転職活動を行うなかで、自分はコネ転職を実現することができ、簡単に採用されることができます。

コネの選考内容

通常は企業の選考を受けて転職します。

転職エージェントを利用する場合、転職エージェントに登録し、キャリアアドバイザーの面談を受けて求人を紹介してもらい求人を選び応募し書類選考を行い複数回の面接で内定です。

軽く一連の採用までの流れを書きましたがコネ採用の場合はどのようなプロセスになるでしょう。

コネの採用までの流れとしては、書類(レジュメ)提出、面接、内定の順になります。

しかも、通常は鬼門とも呼ばれる最も通過率が低い書類選考がないに等しく、緊張でガチガチになる求職者の方も多い面接も場合によってはコネの対象者が同席することもあるので、終始和やかに面接より面談という感じです。

そして、そのまま内定を勝ち取り採用されるというものです。

先程も言いましたが、このように簡単な選考プロセスだけで企業から採用されるためにはそのコネがいかに強力であるかどうかがポイントです。

コネの対象者がその企業からどれだけ信頼されているか経営者とどれだけ近い距離感にあるかです。

人脈づくりが大変になるのですが日ごろから人脈づくりに勤しんでいる求職者の方であれば、コネ探しにも苦労はありませんし簡単に採用されることができます。

紹介予定派遣という仕組みを使う

転職市場にはいろんな経歴を持つ求職者の方がいます。転職市場は企業が求職者の方のそれまでの経歴を確認し、年収という額で買うか買わないかを決めます。

当然、経歴がしっかりとしていて企業の評価が高ければ提示される年収はさておき採用される確度は上がります。

ただ、そのような求職者の方以外も正社員を希望して採用されるために転職活動をしているのですが、特にフリーターやアルバイト経験しかない求職者の方は相当、転職が難しいです。

そこで、少し視点を変えてみましょう。その方法が紹介予定派遣という仕組みです。

紹介予定派遣は、労働者派遣法に記載された法的に認められた転職方法です。

最初は雇用形態が希望する正社員ではないのですが、そこだけ譲歩できれば、その後はかなり簡単に正社員として採用されることができます。

紹介予定派遣という名前の通り、企業へ転職するタイミングでは派遣社員ということになりますが、派遣社員の企業との面接は、職場見学という名前に変わり派遣会社の営業マンが同席の上で企業と話します。

面接ではありません。面接ではない分、本当に簡単な会話で終わり採否が決まりますが、よほどのことがない限り簡単に採用されます

そして、派遣で上限6カ月を限度にその企業で働き、自分がその企業で正社員として働きたいと希望するのであれば、企業はその希望を無視することはできないため、必ず面談の機会を設ける必要があります。

その面談もすでに自分が実際に働いている部署の上司が担当しますので、面接というよりも雑談交じりの面談になり雰囲気も日ごろの打合せとあまり変わりません。

面接官となる自分の上司は、転職活動の面接とは異なりレジュメや求職者の方の言葉から評価して採否を決めるのではなく、実際の就業ぶりを見て判断しますので、求職者の方としては相当メリットがあります。

一般の転職市場では経歴がネックになりなかなか採用されるに値する評価を得ることができず、採用されることが難しい立場のフリーターやアルバイト経験がある求職者の方が紹介予定派遣という方法を使うことで簡単に正社員として採用されることができるのです。

フリーターやアルバイト経験が長い求職者の方は、企業のどの選考で見送りになることが多いのかと言いますと書類選考です。

書類選考を通過することは相当難しいですし、そのため、企業の面接官と会うことも難しいです。それが紹介予定派遣という仕組みを使うだけで面接官と簡単の会うことができるのです。

今回ご紹介した3つの方法を活用して自分に合った簡単に採用される活用術を活かしてほしいと思います。