SEの志望動機を徹底解説!成功率を上げる押さえておくべき5つのポイント

スポンサードリンク

SEの転職は、志望動機の書き方で合否が大きく変わってきます。

実はSEは慢性的な人材不足なので、志望動機をしっかりと書けば採用させる可能性が高い職種です。

もちろん経験があるのは望ましいですが、それ以上にSEとしての資質を見るためには志望動機が大事になります。

キャリアコンサルタントであり採用経験が長い人事の目線で、SE(システムエンジニア)に転職したいという方に転職を成功に少しでも近づけるSEの志望動機の書き方の5つのポイントをご紹介します。

1. 転職理由を明確にすること

SEの職種で転職活動を始める前の準備段階で必ずやらなければいけないのは、「転職理由を明確にする」ことです。

転職理由を明確にすることで、志望動機にスムーズにつなげていくことができます。

ここでは一つ例を挙げてみるので、SEの志望動機の参考にして下さい。

(例)老舗企業のルート営業からベンチャー企業のSEに転職

転職理由:裁量権が限られており、3年後のキャリアパスが見えない 志望動機:チャレンジ精神をかたちにできる御社の社風に魅力を感じ、応募しました。SEの実務経験はありませんが、独学で○○を身につけました。常に新しい技術を学んで成長できるSEとして、システム開発を行いたいと思います。

ネガティブな転職理由をポジティブに言い換えることが、SEの志望動機として有効な手段になります。

また、転職活動の前に転職理由を明確にすることで、応募先企業の選び方もより自分にマッチした企業を選択することができます。

【採用者の視点】

面接で退職理由を聞くと、志望動機とまったくかみ合わない答えが返ってきた場合、また退職する可能性がある為、採用は見送る可能性が高くなります。

2. SEの仕事内容や求められるスキルを理解する

なぜその仕事を希望しているか、その仕事のどんなところに魅力を感じているか、目標は何かを具体的にしなければ、志望動機は書けません。

まず、SEの仕事内容や求められるスキルを理解しましょう。

SE(システムエンジニア)とは、お客様の要望をヒアリングし、必要な性能や実装すべき機能を明確にする要件定義を行い、基本設計~詳細設計を行います。

あなたにとって、SEの魅力ややりがいは何かを見つけてみましょう。

SEの志望動機に使える表現

  • お客様の問題を技術力で解決ができること
  • いちからシステムを作り上げる楽しさ
  • お客様に感謝してもらえる
  • 技術力を活かせる

こうした仕事への情熱と、明確なビジョンがわかる言葉を入れることがSEの志望動機のポイントになります。

【採用者の視点】

SEに最低限必要なスキルは、ITに関する基本知識とコミュニケーションスキルです。

未経験者の場合、独学でもいいので、プログラミング言語をひとつでも勉強し、簡単でもいいのでアプリケーションを作成しているとアピールポイントになります

3. キャリアの接点を見つける

未経験者の場合、前職の経験を活かせないと思う方が多くいますが、職種が変わっても活かせるスキルは数多くあります。

転職活動を始める前に職務経歴書を作成し、キャリアの棚卸しを行い、自分の強みを見つけてみましょう。

キャリアの棚卸しが1人ではできない、という方は転職エージェントなどのキャリアコンサルティングを受けてみましょう。

(例)前職:アパレル販売

前職でアピールできる強み

  • オープニングスタッフとして参加し、お店作りをいちから行った経験
  • 常にお客様のニーズにこたえられるようトレンドを察知し、ディスプレイを変更、お客様へのコーディネートアドバイスを行う→社内月間個人売上コンテストで1位を4度獲得(1位/35 名中)

協調性やお客様のニーズを察知する能力、お客様とのコミュニケーションスキル、売上につなげるための相違工夫などはSEにとっても必要なスキルです。

【採用者の視点】

未経験者の場合、前職で仕事にどのように取り組んでいたか、仕事に対する姿勢やSEとしての素養、自分の強みを知っているかは面接での重要なポイントになります。

4. 応募先企業の魅力を見つける

SEのどんなところに魅力を感じたか、SEとして活かせる自分の強みは何か、がまとまったら、どういった企業で働きたいかを明確にします。

SEを募集している求人は数多くあり、その中から応募先を決めていかなければいけません。

企業規模、業態、勤務条件など自分の希望を整理し、応募先を決定します。

応募先が決まったら、求人内容や企業のHPの内容をしっかり見て、その企業の魅力を書き出していきます。

事業内容、製品、ポリシー、サービス内容、業績、社風、環境などが企業の魅力を見つけるポイントです

【採用者の視点】

どの企業でも通じるような志望動機を書いている方がいます。使いまわししているのかなぁ、と感じると会ってみたいという気持ちがしません

どこかひとつでも当社に対する思いが書かれていると会ってみたい、と思います。

5. 入社後の目標を設定する

入社後、SEとしてどう成長していきたいかという目標を決めましょう。

未経験者の場合、実務経験もないのにいきなり「大きなプロジェクトでシステムを作りたい」といっても現実味がありません。

少しでも早く、要件定義ができるように基本的な技術や知識を身につけなければいけません。

実務を積んだのち、将来的に何を目指すかもイメージしておきましょう。

どの企業でもできるだけ長く勤めてほしいと考えているため、将来の目標を具体的に持っている人に期待します

【採用者の視点】

入社後の目標、将来のビジョンをしっかり持っている人には期待できます。ただ、SEになりたいというだけで、目標がない人はすぐに挫折してしまうのではないか、と感じてしまいます。

志望動機は採用者の立場になって考えること

数千人の方の転職サポートをしてきましたが、志望動機が書けない、という方のほとんどが、ポイント1~5をやっておらず、いきなり志望動機を書き出していました。

また、書類選考がなかなか通過しない方の志望動機の多くは、やたらと難しい言葉が並べられていて、何が言いたいか分からないものでした

一度書いてから、声に出して読み、録音して聞き返してみましょう。

読む側の立場、採用者の立場に立って聞いてみると、どこがいけないかよく分かります。

あなたの伝えたい思いがしっかりと伝わると納得するまで繰り返し、やってみてください。多少、文章がつたなくても構いません。

「SEになりたい」という気持ちが十分伝わる志望動機にしましょう。

志望動機をプロに確認してもらう

上記のポイントを押さえることで、書類や面接での印象がグッと良くなります。

ただし注意としては、自分が良いと思っていることが、必ずしも企業側に伝わるとは限らないことです。

これも良くあることなのですが、自分では良い志望動機ができた思って満足して応募をする人が多いです。

ですが実際は的外れなことを書いている転職希望者も多く、熱意はあるのに残念だと感じてしまうケースも多いです。

これは転職経験の少なさが問題なのですが、実際に転職経験が多い人はそこまでいないので仕方ないことかもしれません。

SEは転職回数が多い職種ですが、それでも志望動機をきちんと書けるケースは多くありません。

せっかくスキルや熱意があっても、それが評価されなければ転職を成功させることはできません。

もしSEの志望動機の書き方に不安がある場合は、転職エージェントを利用することをおすすめします。

SEは市場価値が高い職種なので、転職エージェントを利用することで年収アップや良い職場を紹介される確率が高くなります