システムエンジニアは転職で給与アップ!年収800万以上も狙えます

スポンサードリンク

システムエンジニアは年収も高く、将来性もあるおすすめの職種です。

システムエンジニアは現在最も転職市場で売り手市場の状況にあり、転職活動をすることが容易な職種になります。

システムエンジニアは、数あるIT関連職種のなかでも最も有利な職種と言えるでしょう。

経験者はもちろんのこと未経験者であっても転職活動をすることで転職先を容易に見つけることができる職種です。

そのため、どの企業でも多くの求人を出して採用活動を行っていますし、転職エージェントや転職サイトにも数多くの求人があります。

システムエンジニアで転職すると、その後のビジネスマン人生は勝ち組と言われるぐらい自分では思ってもみない評価や年収をもらうことができます。

これだけ企業からの引き合いが強いシステムエンジニアの転職事情について具体的にご紹介していきます。

システムエンジニアとは

まずは、そもそもとしてシステムエンジニアとはどんな職種なのかというところから今回の話を起こしていこうと思います。

システムエンジニアとは、略称でSEと呼ばれていまして、『エスイー』や『社内エスイー』という言葉を現職などで耳にしたことがあると思います。

システムエンジニアとして業務の経験がない人は、何となくIT関係の業務をやっているということまでは分かっていても実際にはどのような仕事をしているのか分からないという人が多いようです。

今回の記事を読んでシステムエンジニアに興味を持ち未経験者として転職活動をする方もいるでしょうから、参考にして頂ければと思います。

システムエンジニアの主な業務内容は、システム開発や社内の業務システムを開発することになります。

最近の特徴としては、PCとネット環境があればどこでも仕事をすることができるのでフリーランスとして独立する人も少なくない職種です。

ここではフリーランスについては触れず、企業に在籍して働くことを希望する場合の業務についてご紹介します。

システム開発にはいくつかの工程があるのですが、システムエンジニアが担当する業務はその上流工程とも呼ばれていて、開発に関する要件定義の作成、システム設計と環境テストになります。

このいずれもシステム開発には絶対に外せないものですし、この部分の精度が開発後のシステムに大きな影響を与えます。

社外や社内に関係なく、今の企業はインターネットを利用していかに業務効率を上げるかというところに重点を置いていますので、開発したシステムで無駄な業務や手間のかかる業務を改善し生産性を考えています。

この企業の課題を解決すること、または環境をより良くするためにはシステム開発は外せないものですし、それを業務にする職種こそがシステムエンジニアです。

企業には社内SEとシステムエンジニアの2つのシステムエンジニアが存在しますが、レベルとしては社内SEよりもシステムエンジニアの方が高いと言われていますし、転職市場においてもその差が内定時の年収に表れています。

未経験でシステムエンジニアの転職は可能か?

まず、未経験者でシステムエンジニアを希望して転職活動をした場合、どうなるのかご紹介します。

結論としては、全くの素人であれば少し苦戦が予想されます

どの企業も即戦力を期待していますので、経験がないとなれば当然、企業は採用後に基礎知識などの教育時間を要することになりますので、できれば経験者が欲しいと考えます。

企業が行う基礎知識については、システムエンジニアの場合、要件定義や設計の部分でかなり専門性が高いですし、また、その内容も難しいです。

そこに教育工数を投資するよりも、ある程度、前職以前で実務経験を持っている求職者の方がほしいと考えています。

システムエンジニアの経験がない場合ですと、一人前として現場で実務を行うために2年程度の期間が必要と言われています。

システムエンジニアは直接、企業へ利益を生む職種になりますので、企業からするとその間は赤字状態ということになり、回避したい考えを持ちます。

未経験者でシステムエンジニアの求人に応募しても書類選考の段階で見送りになることも多いでしょう。

そもそもとして、転職エージェントは企業から求人を受ける際に、一定基準に満たない求職者の場合は紹介しないよう指示が出ていますので求人を見つけることさえも苦戦すると考えてください。

未経験でシステムエンジニアになる方法

そこで、システムエンジニア未経験の場合、少し遠回りになるかもしれませんが、同じシステムエンジニアでも転職市場に求人がシステムエンジニアよりも多く転がり、未経験での応募可能な求人があります。

未経験でシステムエンジニアになる方法としては社内SEがおすすめで、業務の場所は社内でありながらもシステムエンジニアとやる業務は基本的には同じです。

先程、社内SEとシステムエンジニアのレベル感について触れたと思いますが、未経験の場合は、一旦、社内SEとして転職活動を行い転職し、システムエンジニアの知識や経験を積みます。

その後、社内異動でシステムエンジニアになるという方法と、社内SEの経験を武器に次の転職活動でシステムエンジニアの求人で転職活動をするという方法が良いと思います。

転職時の年収などの待遇はシステムエンジニアとはかなり差がありますが、業務内容としては、システムエンジニアと同様ですし、何より転職難易度が下がります

この方法を活用することで将来的にシステムエンジニアとして転職することが可能になると思います。

システムエンジニアになれる年齢は

ただ、この方法も含めて未経験者でシステムエンジニアに転職する場合、年齢が重要です。

30代後半になると社内SE含めてシステムエンジニアの求人は一気に減ります

もちろん、絶対に転職することは不可能とは言いませんが、転職活動期間が2年、3年とかなり長い期間になると覚悟をしておきましょう。

求人を見つけることさせままならない状態になりますし、求人を見つけても内定時の条件と比べると労働時間が長かったり費用対効果が悪い環境の企業になります。

未経験者の場合は、このような状況が予想されますので、必須の転職活動の環境としては絶対に現職を退職せずに現職と同時並行で転職活動を行うことです。

仮に苦戦が予想される転職活動に集中したいとして現職を退職して転職活動を行うと転職が決まる前に自分の貯金がなくなり結果的にシステムエンジニアではない職種で転職しなければならなくなりますので本末転倒です。

システムエンジニアの転職で必要なスキルは?

システムエンジニアとして転職する場合に求められる必要スキルは大きく3つあります。

  • 技術力
  • 論理的思考
  • コミュニケーション能力

技術力

1つは、絶対に必須となる技術的スキルです。

このスキルは実践からしか得ることができない経験とも言えるスキルになりますので、いかにシステムエンジニアとして長い期間、深い業務に関わっているかになります。

システムエンジニアはレベルが高い職種で、企業の採用活動の中心である人事担当者も合否の判定をすることが難しいため、面接には1次面接から必ず現役のシステムエンジニアが同席します。

一次面接から専門的な技術的な質疑応答がありますので、面接では自分のスキルをしっかりと相手に伝えることができる準備の徹底も必要だと考えてください

論理的思考

転職市場では、システムエンジニアの採用に関係する場合、『ロジカルシンキング』という言い方をよく使いますが、まさにそれです。

いかに思考として逆算で物事を論理的に考え解決する能力を持っているかです。

この部分については、目に見えるものではないのですが、職務経歴書の書き方や面接での質疑応答で判断することができますので、求職者の方は、結論から切り出し、その後、なぜそのようにしたのか、また、具体的な工夫エピソードを付け足すと良いと思います

システムエンジニアの業務はどうしてもこのあたりが欠けていると難しい性格を持ちますので、企業はこの部分を評価ポイントにしています。

コミュニケーションスキル

システムエンジニアのイメージを一人でPCに向かって黙々と開発するというイメージを持っているかもしれませんが、今の時代は違います。

大きなシステムを開発する場合、数名単位でプロジェクトを組みますし、そのプロジェクト内で自分も発言しなければなりませんし、相手の発言をしっかり聞き理解することが求められます

そのため、企業の確認ポイントとしてはしっかりとしたコミュニケーションをとることができるかです。

このポイントで求職者の方が意識して欲しいことは、面接時の質疑応答です。

大体の場合、求職者の方からの質問は面接の終盤にありますが、1つの質問に対して面接官が回答し、それで終わりではなく、面接官の回答に対してもう1つ2つ踏み込んで質問してください

そうすることで、システムエンジニアとしての技術力とコミュニケーション力の2つを持っていると思われますので選考には有利になります。

転職活動で評価が高いシステムエンジニアが持ってもくべき資格

未経験者であっても、この資格があればまだましという資格であり、また、経験者であれば、その企業に在籍中に企業から取得するよう指示がある資格があります。

その資格はいずれも国家資格で難易度は高いのですが、保有していることで職務経歴書の見栄えが良くなり企業も印象を上げると思います。

いくつかあるのですが、システムエンジニアの転職時に企業が評価するものはオラクルマスターとシステムアーキテクトです。

それぞれの資格の試験内容や資格詳細についてはインターネットなどで調べて頂きたいのですが、この2つのいずれかを持っていると転職活動には有利です。

未経験者の方はこの資格があれば十分転職できるとは言えませんが、ないよりはましという程度に考えておいてください。

その他、基本情報技術者試験・応用情報技術者試験という国家資格もあり、インターネット上にはこの資格は有利という声もありますが、転職活動においてはそのようなことはあまりありません

理由は、オラクルマスターやシステムアーキテクトよりも難易度が低く、かつ、保有している人が多いため、価値が下がっています。

転職活動のために資格を考えているのでれば、やはりオラクルマスターかシステムアーキテクトが良いです。