上司が嫌で仕事を辞めたい!将来失敗しないためにすべきこと

スポンサードリンク

上司が嫌いで仕事を辞めたい人はかなり多いです。

転職理由の大きな要因となっているものに人間関係がありますが、その多くは上司が原因で仕事を辞めたいという人が増えています。

上司が原因で仕事を辞めたいと感じる人の多くは若年層ですが、中には残っていた方が良い理由もあります。

今回は上司が嫌で仕事を辞めたい人が、残るべきか辞めるべきかの境界線となる理由について説明します。

上司の人間性は仕事を辞めたい理由になる?

上司が人として尊敬出来るかどうか、上司の人間性も仕事においては非常に重要です。

尊敬出来る上司でないと部下のあなたもやる気が出ません。

逆に「なんでこんな奴が上司なんだ?」と見下してしまう様な相手が上司だった場合、必要のないストレスを無駄に抱えることになりあなたの仕事の効率が落ちることになります。

上司の人間性にもし不満がある場合は、その不満が耐えられる範囲のものかどうか考えてみてください

「普段は腹が立つことも多いが仕事は出来る」「嫌いだけどたまに良いことを言う」など上司の人間性にプラスの要素が無いか考え今の関係性を見詰め直すのも手です。

もし上司に対し大きな不満を抱えていて、今後もその上司との関係がずっと続いていく場合は部署や職場を変える決断もありえます。

大きな決断となりますが、落ち着いて考えた上での決断であればそれは決して間違ったものではありません。

上司との折り合いは仕事において最も重要な要素の一つですが、よほど耐えられないレベルでなければ、仕事を辞めたい理由としては弱い部類になります

転職を意識することもあるでしょうが、よく考えてからアクションをすることをおすすめします。

上司と性格が合わない

上司の性格には様々なタイプが存在します。

もし上司が原因で仕事を辞めたいと感じる人の多くは、上司と性格が合わないケースがほとんどです。

  • 話したことをすぐに忘れてしまう上司
  • 気分にムラがある上司
  • 頑固で融通のきかない上司
  • 怒りっぽい上司
  • 常に冷静沈着で感情の抑揚が無い上司

色々な上司が世の中には存在します。

クセの強い上司が沢山いるでしょうが、あなた自身そんな上司達の中でも許せる上司とそうでない上司がいるはずです。

上司の性格があなたとの相性が良ければ問題ありませんが、もし相性の悪いタイプであれば大問題です。

上司が自分と合うタイプかそうでないかを見極め、「自分の業務に支障が出るかどうか」「仕事を変えるレベルの問題か」を判断しましょう

少なくとも、合わない上司に振り回されてあなた自身が疲れてしまっては本末転倒です。

人間の性格は簡単には変わらないので、もし上司の性格が嫌で仕事を辞めたいと思った場合は、転職を考えることも一つの手といえます

上司のセクハラが原因で仕事を辞めたい

仮に上司の性格があなたにとって害の無い場合でも、異性の上司であれば敵となる要素はまだまだあります。

上司とのトラブルで最も話題に上りやすいのはセクハラ問題で、仕事を辞めたいと感じている原因の理由としても上位にあります(特に女性)。

立場上、上司と部下ではどうしても上下関係が発生するため、セクハラなどのトラブルに進展しやすい危険性がつきまといます。

セクハラはボディタッチなどあからさまなものだけに留まらず、言葉によるセクハラなど多岐に渡るものです。

共通して言えることは、セクハラとはされた側がセクハラだと感じればそれは立派な「セクハラ」となる点でしょう。

もし上司からセクハラ被害に遭った場合は信頼出来る先輩や他の上司に相談しましょう。それで周囲の反応を見てください。

会社の風土がそうした問題に親身になり取り組んでくれる場所か見定めた上で、もしあなたの真剣な訴えを適当に流す様な空気になるのであれば、転職を考えることは決して間違いではありません

上司が評価をしてくれない

上司が何らかの理由により、あなたの評価をしてくれない場合も仕事を辞めたい理由になりえます。

その場合はまず、どういった理由で上司が評価をしないのか原因を客観的に見つめることが重要です。

  • あなたの頑張りを上司が気付いていないから
  • 社内の派閥や立場の兼ね合いで他に優先して評価すべき人材がいるから
  • あなたのことが個人的に気に入らないから

など様々な理由が存在するでしょう。

冷静に状況を振り返った上でその理由が納得のいくものかどうか考えてみてください。

もし納得のいかない理不尽な理由が予想出来た場合は、仕事を辞めて職場を変えることも考えるべきです。

評価が低いと給料のアップも期待できず、転職理由の大きな要因である給与問題にも発展します

職場とは給料を貰う場所です。給料は多いに越したことはなく、基本的に職場とは働き評価され昇進し賃金アップを目標に頑張る場です。

その様な場で不当な理由で評価して貰えない状況が続くことは明らかにあなたにとってマイナスと言えるでしょう。

度を越えた上司のいやがらせ

上司も一人の人間です。

公正に物事を判断すべきである役職持ちの人間だったとしても、人の好き嫌いという個人的な感情はどうしても持ち合わせてしまうものです。

ただし、嫌いな相手にいやがらせをすることは別です。

人間好き嫌いは誰でも持ちますが、嫌いな相手にいやがらせをすることは人として程度の低い行為だと言えるでしょう。

もしあなたの上司が人の好き嫌いで部下への態度を変え、嫌いな相手にいやがらせをしてくるタイプであれば、仕事を辞めたい理由としては十分です。

勿論、完璧な上司など存在しません。円滑な人間関係を構築する努力は部下側でもある程度はするべきですが、明らかに度を越えるいやがらせであれば立派な退職理由になります。

いやがらせをする上司相手に社内で円滑なステップアップを目指すことは難しいからです。

社内で上司のいやがらせを改善出来る方法が無いか努力してみる価値はありますが、難しいと判断した場合あなたが別の場所へ移ることを検討するのは自然な流れと言えるでしょう。

仕事を辞めたいと思ったときにすべきこと

上記で説明した原因で仕事を辞めたい人は、このまま続けても良い未来にならない可能性が強いです。

なぜなら上司の性格を変えることは難しく、同じ会社にいる間は必ず会うことになるからです。

また上司に不当な評価をされてしまうと、昇進も難しく一生平社員のままのリスクもあります。

ですが上司が原因で仕事を辞めたいと思っても、すぐに別の職場が見つかるわけではありません。

そのため仕事を辞めたいと思ったら、まずは転職エージェントに登録しておくことをおすすめします。

転職エージェントは無料での対面でのサポートがあり、現在の転職活動では一番効率的で人気のある転職方法になります

転職エージェントには、様々なメリットがあるので、転職を考えている場合には検討してみて下さい。