営業の志望動機で採用されるポイント!ライバルに差をつける4つのテクニック

スポンサードリンク

あらゆる職種の中で、最も求人数が多い「営業職」です。

未経験者の募集も多く、異業種や異職種からチャレンジできる仕事です。

そんな営業の内定を勝ち取るカギを握るのは志望動機になります。

会社の売上を左右する営業職の採用のカギを握るのは「意欲」です。

この意欲をいかに志望動機で伝えられるかが、営業職採用のポイントになります。

今回は採用担当者に意欲を伝えられる志望動機の書き方のコツと4つのステップをご紹介します。

志望動機の書き方のコツ

応募書類の中で、採用担当者が重視するのは経歴と志望動機です。

特に未経験者の場合、なぜその仕事を希望しているのか、ということが具体的に書かれているかどうかが大きな決め手となります。

営業の志望動機(その他の職種にも当てはまります)で最も重要なのは「結論から書く」ことになります

営業職の場合、なぜ営業を希望しているか、ということが結論です。

志望動機は、どの企業でも通用する内容はNGです。どうして、その企業に応募したのか、ということも重要な要素です。

多少面倒でも営業で採用されるためには、応募先ごとに志望動機を書きましょう。

営業職の志望動機のNG例

下記にいくつかの営業職の志望動機のNG例をご紹介します。

言葉の選び方など注意するのもコツです。

  • 他力本願→研修制度が充実している、学べるなど自発的に学ぶ意欲が感じられない内容
  • やりがい→どんな点にやりがいを感じるのか具体性に欠ける内容
  • 残業少ない、休み多い→仕事の内容に一切ふれず、条件だけで希望している内容
  • 上から目線→自分が入社すれば、売上が一挙に上がるなど上から目線の内容
  • 営業を経験して独立したい→営業ノウハウだけ盗んで退職する予定と分かる内容

志望動機を書くコツが分かったら、書いていくための準備をしましょう。

これからご紹介するステップを踏んで、仕上げていきます。

ステップ1.営業職を希望する理由を明確にする

異業種や異職種から営業職を希望する場合、どうして営業職を希望するのかを具体的に書かなければいけません。

例)現職がアパレルの販売職の場合

現職の販売職ではもともと関心を持って来店されるお客様に対し、接客販売を行いますが、営業職は自らお客様のところに赴き、自社製品を提案するという点に魅力を感じ、応募しました。

志望動機の冒頭に

現職(前職)が○○なので、○○である営業職に魅力ややりがいを感じ、応募したということを書きます。 ○○の部分は具体的な内容を書くのがポイントです。

この冒頭の一文で興味を持ってもらえたら、つかみはOKです。

ステップ2.希望する営業スタイルを決める

営業とひとことでいっても様々な業種の営業があります。

業 種 営業スタイル 営業対象
有形産業 既存営業 法人
無形産業 新規営業 個人

有形産業というのはモノを扱う産業のことで、無形産業というのは金融、不動産、広告や印刷などモノではなく、サービスを提供する産業になります。

上記の組み合わせが、営業スタイルになります。

機械メーカー/既存営業/法人 住宅メーカー/新規営業/個人

どんな業種のどんな営業スタイルが自分に合うのかを知るためには、それぞれの特徴を事前に調べ、それぞれのメリットとデメリットを理解する必要があります

せっかく内定をもらって入社したけれど、新規開拓が自分に合わなかった、といったことがないようにしましょう。

ステップ3.自分の強みを整理し、アピールポイントをまとめる

希望する営業スタイルが決まったら、今までの仕事で身についた自分の強みを振り返ってみましょう。

これまでの仕事で何をやってきたか、そこで身についたものは何か。

すぐに思いつかない方は、キャリアの棚卸しをしてみましょう。

キャリアの棚卸しが自分でできない、という方は無料で利用できる転職エージェントでサービスを受けてみるのもいいかもしれませ

自分の強みが何かが整理できたら、その強みの中から営業で活かせるスキルをアピールポイントにします。

営業に求められるスキルは

  • コミュニケーションスキル
  • 好奇心
  • プレゼンテーションスキル
  • ヒアリング能力

など。営業スタイルによって、求められるスキルは変わってきます。

自分が希望する営業スタイルにはどんなスキルが必要かを調べ、アピールポイントとの接点を見つけて、志望動機につなげていきます。

ステップ4.応募先企業の魅力を見つける

なぜその企業に応募したのか、応募先企業ごとに書かなければいけません

志望動機のNG例として、求人広告やホームページに記載している文章がそのまま使われているものがあります。

また、どの企業にもあてはまるような内容で書かれているものもNGです。

あなた自身が感じた、その企業の魅力を見つけて志望動機に書くことがポイントです

それは決して、美辞麗句を並べ立てただけのものではいけません。

良いと思った背景が具体的に分かるようにすることが大切です。

書類通過し、面接の機会が得られた際に採用担当者は必ず、あなたが感じたその企業の魅力について、質問をします。

志望動機を書く際に入念に下調べをし、自分なりにその企業の魅力をしっかり見つけることができていたら、面接での質問にもスムーズに答えることができます。

採用者の気持ちになって志望動機を作る

営業職は未経験者の募集が多いからといって、どの企業に出す書類の志望動機も同じ、では転職を成功させることはできません。

運よく採用になったとしてもミスマッチでまた転職、ということにもなりかねません。

満足度の高い転職にするために少しだけ時間がかかってもステップ1から4までをやってみてください。

そして、完成した志望動機を声に出して採用担当者の気持ちになって読み上げてみるといいでしょう。

客観的に「なるほど」と感じることができたら、成功です

転職エージェントのアドバイスを受ける

営業職の志望動機の書き方について解説しましたが、それでも不安が残っている人もいると思います。

志望動機の書き方に不安がある人は、転職エージェントを利用することをおすすめします。

昔は転職サイトで応募して自分で志望動機を考えるスタイルが一般的でしたが、今は転職者の多くが転職エージェントを使って転職する時代になりました

転職エージェントは、キャリアコンサルが志望動機の効果的な作り方などの転職ノウハウを、転職希望者に徹底的に教えてくれます。

転職エージェントは無料で利用できるので、少しでもライバルに差をつけるための手段として活用してみることも検討してください。