CRMは年収1000万も狙える!未経験でも転職のチャンスがあるおすすめ職種

スポンサードリンク

CRMを聞いたことがない方も多いと思います。

転職市場には自分では今まで知りえなかった職種も求人としてあります。

求職者の方は、自分の経験をもとにしながら転職軸を定めて転職活動をされていると思いますが、是非、今回、ご紹介するCRMという職種にも興味を持って頂き、転職軸に加えて欲しいと思います。

今回は給与が高いCRMの転職事情について説明していきます。

 

CRMとは

 

CRMという職種は一体、どのような職種なのでしょうか。具体的に業務内容をご紹介したいと思います。

CRMとは略称で正式呼称は、Customer Relationship Managementと言います。

若干、小難しい呼称ですが、CRMを知るためには簡単なビジネス知識を知っておく必要があります。

企業が顧客と取引するなかで、単発よりも継続的に取引した方が売上や利益に繋がります。

長期的に顧客と取引できるよう信頼関係を築くためのコミュニケーション手法がビジネスでは重要になるのです

CRMのほかにも企業が顧客とコミュニケーションをとる方法はあるのですが、最も効果的で生産性が高く売上や利益に直結する仕組みがCRMだと言われています。

求職者の方も一度は耳にしたことがあると思いますが、具体的にどのような仕事内容なのか把握している人はあまりいないと思います。

それもそのはずで、CRMは単一的な仕組みではなく、複合的な仕組みを合わせたコミュニケーションスキル手法で、マーケテイング戦略の一つだからです。

CRMとマーケティング

マーケテイングを正確に表現できる人はどれぐらいいるでしょうか。

企業としては、顧客が商品やサービスを購入し、その後、購入がなければ、新規顧客を開拓しなければなりません。

一度、購入してくれた顧客が継続的に購入することはストック型のビジネスと同様であり売上や利益の目途を立てやすいのです。

CRMは一度、購入してくれた顧客に対して、再度、購入してもらうようにメルマガや電話などを活用して販売促進する業務になります。

また、継続的に、購入した顧客でもしばらく購入が止まっている場合は、休眠顧客と考えてその顧客の掘り起こしを行う業務もひとつにあります。

どの企業にも商品やサービスは存在しますが、今の時代、インターネットを活用して商品やサービスを提供することは当然のことです。

例えば、楽天市場などはその代表例です。

一度、購入すると定期的にメルマガ配信を受けることはありませんか?

そのメルマガ配信をどのタイミングで、どのような顧客に配信するのか、どのような内容にするのかを決めているのがCRMです。

未経験でCRMの転職は可能か

これだけ難しい業務内容で、企業の事業戦略の中心的存在であるCRMですが、未経験で転職することは可能なのでしょうか。

答えは、今の転職市場であれば未経験でも転職可能です。

現在は、求職者の方を知っての通り日本経済の景気が上向きで、それに比例して転職市場も求人が非常に多い売り手市場になっています。

そのため、企業側からすると内定を出しても辞退者が増えて思うように採用活動を行うことが出来ていない状態です。

この状態に加えて、CRMという職種は、花形職種であり、高いレベルのスキルを要するため、企業としては取り合いになっています

高収入が見込めるCRM

マネーゲームではありませんが、より高い年収提示した企業が採用成功し、その他の企業は落選となります。

CRMがなければ、今の事業戦略は成立しないため、企業はハードルを下げて未経験者も含めて採用活動を進めている状態です。

恐らくCRMで未経験者でも転職できる期間は、遅くても数年まで(東京オリンピックまで)と言われていますので、まだ時間はありますが、早い転職活動が良いと思います

未経験者でも、どのような人でも良いということではなく、地頭が良くロジカルな展開ができる人材、かつ、IT関係の知識が豊富で、かつ、マーケテイングの理解がある人材になりますので、かなり絞り込まれます。

ただし、CRM未経でも転職できますので、未経験である分、転職活動は長期化すると想定して今から動いておいた方が良いということです。

CRMの転職で必要なスキルは

CRMとして転職するために必要なスキルは、未経験者については先述の通りですので割愛しますが、経験者ともなれば、マーケテイング経験は必須です。

CRMの基本的な考えはマーケテイングですので、マーケテイングの経験がなければ経験者として企業は評価しません。

ベストなスキルは、インターネット通販を扱う事業を経験していると最も企業が評価するポイントになります。

対法人、対個人の両方のCRMがありますが、対個人の方が難易度が高くCRMとしての業務内容も深く広いため、この経験があればスキルとして評価されます。

これに加えてフルフィルメントの業務まで対応している場合は、かなりマーケットバリューは高いため、自分が今まで得た年収よりもはるかに高い年収を提示されると思います。

1000万円以上は最低ラインだと思います。

CRMの転職活動で評価が高い資格

CRM職を希望して転職活動をする際、『こんな資格があれば、実務経験がなくても企業から高い評価を受ける』という資格があるかと質問を受けたことがありますが、残念ながらCRMに資格は不要です。

実務経験が資格のようなものです。

CRMは、顧客のデータ管理、継続取引、開拓を行うため、業務範囲が広くレベルが高い職種ですので、資格というよりも実務経験が必要です。

書類選考や面接などで企業がどのあたりを評価するかと言いますと実績です。

CRMのやり方は基本的にどの企業でも業界は関係なくあまり変わりませんので、過程よりも実績です。

どれぐらいの実績を売上や利益としてたたき出したのか、また、その実績を自分がどのような立場で関わってきたのかが重要です。

今の転職市場では主担当や高い役職で関わった人材でなくても、アシスタントとして関わったというだけでも一定の評価を受けることができます

CRMは潰しが効く職種でどこでも同じ業務内容になりますので、しつこいようですが実務としての実績が最も重要で資格は関係ありません。

IT関連の資格があれば!と思い資格取得に励んでいる求職者の方もいるかもしれませんが、その励みは今すぐやめて転職活動を優先させた方が良い結果を得ることができると思います。

CRMの将来性

CRMはどのような求職者でも必ずチャンスがあるという訳ではないのですが、今の転職市場では未経験者でも一定の能力を持っていると評価されれば転職することは十分できます。

CRMの転職のコツは焦らないことです。

CRMはハイレベルな選考基準になりますので、選考見送りになる確率の方が高いですから現職に在籍しながらその機会を伺いましょう

転職エージェントを利用すればCRMを取り巻く環境も教えてくれるので心の安心にも繋がると思います。

CRMで転職することができれば、転職後のビジネス人生はトップ人材として高い役職、年収を確保することが実現できると言えます。

今の時代、IT関連のネットワークを利用してビジネス展開することは当たり前になり、多くの企業でCRMという職種を抱えています。

しかし、CRMは非常に高いスキルや能力、経験を有しますので、経験者人材はあまり多くありません。

そこで、企業は、採用後に自社でCRMに関する教育も視野に入れて未経験者であっても、CRMに向いていて、やる気のある人材を中途採用で積極的に採用する方向でシフトしています

広告を非表示にする