中小企業とベンチャー企業の違い!転職後に不幸にならないためには

スポンサードリンク

求職者にとって転職活動をしていると曖昧な情報が出てきます。

曖昧な情報をそのままにしておくとその後の転職活動が思わぬ方向に進んでしまったり後悔する要因になりますので、曖昧はことはすぐに整理することが必要です。

基本的に転職活動は求職者が個人で行うことですから、だれも曖昧な情報を教えてくれることはないのですが、唯一と言える教えてくれる存在があり、それが転職エージェントです。

転職エージェントは転職支援のプロでそれまで多くの求職者の転職支援をしていますから、豊富な情報を持っています。

曖昧な部分があれば、すぐに自分の転職支援を担当するキャリアアドバイザーに相談し解決することをオススメします。

曖昧な情報のなかで、求職者から転職活動中にキャリアアドバイザーに必ず問い合わせがある質問があります。

それは、求人を公開する大元である企業の規模に関する内容です。

大手企業は言うまでもなく分かるとはずですが、問題は中小企業とベンチャー企業です。

中小企業とベンチャー企業を正確に定義できる求職者はどれだけいるでしょうか。

恐らくそういないはずです。

なぜならば、一般的に中小企業とベンチャー企業の明確な定義はないからです。

しかし、転職市場では明確な基準があります。

これは転職エージェントから聞いて頂ければ必ず教えてもらえるのですが、ベンチャー企業の定義は、『設立から15年以内であり、かつ、現在の経営者が創業者、かつ、経営者の年齢が40代前後までの企業』を指します。

この定義が転職市場のベンチャー企業に対する定義で、中小企業はそれ以外の大手企業ではない企業を中小企業としています。

世間一般と転職市場の定義には違いがありますので転職活動を行う求職者はこの部分は押さえておきたい情報です。

知らないまま転職活動を行い転職エージェントを利用しない自己応募で進めると求人判断の際に、自分がベンチャー企業だと思っていてもふたを開けてみると中小企業だったということもありますし、その逆も同じです。

求職者にとってベンチャー企業と中小企業は選考情報も違えば、転職後の働き方や労働環境も違います。

両者ともに企業規模は類似性があっても内容は全く異なります。

今回は、無駄な就職活動を行わないために、また、転職後に不幸な状況にならないためにも中小企業とベンチャー企業の違いを明確する情報をご紹介します。

求人内容に違いはあるのか?

求職者の転職活動のスタートは求人を選ぶところからですから、求人に両者の違いがあるかどうかを話します。

結論から言いますと、先述でご紹介したベンチャー企業の定義を知らない場合は、見た目でその求人がベンチャー企業か中小企業かを区別することは難しいです。

転職エージェントを利用していれば、ベンチャー企業の定義を説明してくれる場合もありますから求人紹介のタイミングで違いを理解することはできますが、通常は区別が難しいです。

そのようなときにどうするか?と言いますと、やはりベンチャー企業の定義を知っておくことが必要不可欠です。

求人には募集要項や求める人物像、入社後の業務内容などが記載されていますが、求人のどこにもその企業がベンチャー企業か中小企業かの記載がありません。

中小企業の選考内容

ベンチャー企業は後述でご紹介しますが先に中小企業の選考内容からお話します。

中小企業の選考内容は書類選考、適性検査、複数回の面接、内定ということで特に変わったことはありません。

最近の企業には、書類選考のタイミングや面接後半のタイミングで課題を出してそれを資料にまとめるという選考も含むことがありますが、中小企業はそのような特別な選考内容は行いません。

少し余談になりますが、中小企業の多くは、歴史は深くても規模は大きくなく、企業としての知名度が低いです。

企業としての力は十分あっても採用活動においては求職者から不人気企業の一つになっています。

つまり、優秀な人材を採用するための母集団形成を構築することさえも厳しい状況で、そこに特別な選考内容を加えると更に母集団形成が難しくなるため、ごく普通の選考フローにしている訳です。

最近は、売り手市場で企業からすると採用活動に苦戦する状況になっていて、多くの企業は選考スピードを早めて最速最短で採用活動を終える動きを取っています。

しかし、中小企業は企業体質の影響もあり、選考スピードを早めようとしません。

最近では応募から内定まで1カ月ぐらいになっていることも多くなっているのですが、中小企業の場合は選考から内定まで2カ月から3カ月程度の時間が必要になります。

どのような求職者であっても転職活動は早く終わりにしたいと考えていますので、選考スピードが早い企業の方が優先的になります。

中小企業はこのような環境ですので途中で求職者が辞退するという可能性が多いのです。

選考内容が淡泊で難易度も低いとなれば、ブラック企業の可能性を考えるかもしれませんが、中小企業にはブラック企業はないと思って頂いても大丈夫なぐらいブラック企業リスクは低いです。

中小企業は通過率が高い

中小企業が採用活動で苦戦することは認識できたでしょう。

では、中小企業の通過率はどうかという話になります。

選考通過率は書類選考を筆頭に通常は低く、企業の選考は見送りになることの方が圧倒的に多いです。

しかし、中小企業は一般的に最も通過率が低いとされる書類選考であっても通過率は平均で5割以上となっていますので、極めて高いと思ってください。

通過率が高いということは求職者からすると選考スピードは遅くても確実に内定に近づくということが言えますので好都合に思えますが、今の転職市場は中小企業以外の企業からも十分、内定を勝ち取るチャンスがあります。

ベンチャー企業の選考内容

次にベンチャー企業の選考内容についてご紹介しますが、ベンチャー企業は転職市場では大手企業の次に人気がある企業規模になっています。

特に知名度が高いベンチャー企業であれば、大手企業を凌ぐぐらいの人気がありますので、求職者からすると狭き門となります。

人気のベンチャー企業であれば、売り手市場で採用活動に苦戦する状況のなかでも苦戦することなく母集団形成が構築でき早期に優秀人材の採用を行うことができる環境です。

そのため、変に弱気になる必要がベンチャー企業にはなく、選考内容にもこだわりがあります。

書類選考に適性検査、面接数回に内定と基本的な選考フローは当然にありますが、面接回数が3回以上と多く、また、面接と併せて課題を出し、それを資料にして提出するという試験もあります。

ベンチャー企業は中小企業と同じ企業規模で大手企業よりも先手を打たなければなりませんし、そのためには優秀人材の確保が必須です。

そのため、弱気な採用活動を行うことなく選考内容にも厳選性を持たせています。

ベンチャー企業の選考難易度は?

ベンチャー企業の選考難易度はどうかと言えば、中小企業と比較して数倍以上の難しさがあると考えてください。

絶対評価としても選考ハードルが高いのですが、知名度があるベンチャー企業であれば、求職者からの人気もあるため、相対的比較でもともとの選考基準が大きく高まるということになります。

ベンチャー企業を希望するならば、転職エージェントを利用して選考対策を行うことが必要で、転職エージェントを利用すればベンチャー企業のこれまでの選考内容などの情報を知ることができ十分な対策を取ることもできます。

中小企業とベンチャー企業の転職後の違い

中小企業は古い体質を持ち、事業や業務のスピードよりものんびりした社風を持っています。

例えば、今時では珍しい始業、昼休憩、終業時間になるとキンコンカンコンのチャイムが鳴るような環境です。

社員の平均年齢も高く定年に近い年齢の社員も在籍しています。

一方、ベンチャー企業となれば、そのスピード感は非常に早く高速PDCAサイクルが社員全員に浸透しています。

また、年齢が若い社員が大半で少なくても60歳近い社員はゼロに等しいです。

在籍していたとしても顧問や社外取締役であるため、100%社員という形で考えるならばゼロに近いです。

組織全体の年齢が若い分、活気ある社内環境でコミュニケーションも活発です。

この活発さをイメージして求職者がベンチャー企業だと思って中小企業に応募して選考中にその違いに気づかずそのまま入社したとすれば、恐らく相当なギャップを感じるでしょう。

特にそれまで中小企業でしか働いたことがない求職者であれば、ベンチャー企業で行われるコミュニケーションの内容がセクハラやパワハラではないかと感じるシーンも多いはずです。

転職エージェントのアンケートで入社後のギャップという項目がありますが、どの転職エージェントのアンケートにも中小企業とベンチャー企業の文化の違いにギャップを感じて、ハラスメント問題に発展したこともあるという回答があります。

求職者は転職のために転職活動を行うのではなく、転職はあくまで手段であり、一番の目的は転職後に長く活躍することです。

この観点で考えると転職活動そのものよりも転職後の方が大事になりますから、転職後に自分を取り囲む環境がどのようなものであるかをイメージしなければなりません。

今回ご紹介しているベンチャー企業と中小企業には表面的な類似性はあっても中身が全く違います。

確実にギャップを生む要素が含まれているため、この両者を混同し曖昧なままにして転職すると痛い目にあうはずです。

ベンチャー企業あがりの求職者も同様

これまでの経験企業としてベンチャー企業しか経験していない求職者が選考中に気付くことなく転職後に中小企業だと知った場合、その環境はストレスの宝庫です。

中小企業の社内は基本的に静かで業務をたんたんとこなしコミュニケーションはあまりありません。

この環境でさえもストレスを抱えるはずですが、ベンチャー企業と同じような接し方で社員に接するとセクハラやパワハラ呼ばわりされることもあります。

最悪の場合、訴訟問題に発展したり、求職者が退職しなければならないこともあります。

最悪な状況は回避されたとしても評価が低く昇給するということはまずありません。

むしろ、文化に馴染んでいないということを理由に給料が下がる可能性の方が高いです。

転職は失敗のために行うものではないですから、そのためには転職してから気付いたでは遅いのです。

やはりポイントは、転職エージェントを利用して転職活動中、選考中にベンチャー企業か中小企業かを選別できる情報が必要になります。

ベンチャー企業と中小企業はどっちが良い?

では、求職者にとっての転職先としてベンチャー企業と中小企業のどちらが良いのかという話をします。

結論から言いますと総合的に考えるとベンチャー企業の方が求職者にとっては良い転職になります。

なぜかと言えば、求職者は転職において、今よりも高い報酬を期待していることがあるからです。

報酬を考えると、成長率が高く、成長する可能性が高いベンチャー企業の方が中小企業よりも納得できる結果を得ることができるからです。

ただし、絶対にベンチャー企業が良いとは言い切れない部分があり、その理由は、求職者それぞれに転職に求めることが違うからです。

報酬よりも労働時間や安定を求めるのであれば、中小企業の方が絶対に良いです。

ベンチャー企業はハードワークで創業から期間が短いため安定性に欠けます。

求職者は自分の求める内容を把握してどちらを転職先にするか決めることが良いでしょう。

転職で後悔しないために

転職は人生に関わる非常に大きなターニングポイントです。

転職エージェントからのアドバイスはそこそこに企業の選考を受けながら中小企業かベンチャー企業を決めるという発想の求職者もいますが、転職エージェントの転職支援の統計上、このタイプの求職者は中小企業とベンチャー企業の違いが曖昧で比較することなく活動を行い転職で後悔しています。

オススメの転職方法は転職エージェントを使うことで、今回の記事でも両者の比較基準はご紹介していますから、この記事も参考にしつつできれば求人紹介の段階で両者を区分けしておくことが良いです。

今回ご紹介した情報を把握できれば最低でも中小企業と思ってベンチャー企業へ転職やその逆はないはずです。

その最大のキーマンは転職エージェントを使うことですので、転職エージェントは絶対に利用してください。

広告を非表示にする