ブラック企業の面接は1回?転職で失敗しないために知っておくべきこと

スポンサードリンク

ブラック企業・・・それは求職者の人生を最悪な状況に追い込む転職市場では求職者の天敵と言える存在です。

ブラック企業の定義は、特別、何かに明記されている訳ではないですし、曖昧な部分もありますが、ある程度の基準はあります。

ブラック企業の定義は、『法令違反を犯しているかどうか』になります。

もう少し具体的に言えば、残業を命令しても残業代を支払わない、毎年の健康診断の費用を社員に負担させるなどです。

基本的には労働時間、休憩、休日、賃金が定義の中心になりますが、ブラック企業の定義が曖昧なままですと、単純にハードワークであるというだけでもブラック企業と勘違いしてしまいますので判断ができなくなります。

転職市場ではブラック企業も当たり前のように求人を公開して採用活動を行っているため、転職活動期間中にもしかすると自分が出くわすということも可能性としてはあります。

お伝えした通り、ブラック企業は求職者にとっては最悪の事態を招く大きな原因になりますので、求職者は自分が希望する転職を実現する前にリスクヘッジとして転職エージェントなどから紹介される求人のスクリーニング作業は必須の行動だと言えます。

今回は、ブラック企業が転職市場にはびこる以上、転職リスクは当然にありますので、企業の選考を例にとりながら解説していきます。

この記事を読んでおけば、必ずブラック企業を回避することができますので絶対に読んでおくべき情報です。

ブラック企業をどう見抜く?最善の方法は?

転職市場にブラック企業があると言っても、求職者は企業を求人や選考中の面接でしか知ることができないため、情報がなければ判断することは難しいです。

しかし、全く情報がない求職者であっても、ある方法を使うことである程度のブラック企業の選別を行うことができるようになります。

その方法とは、転職エージェントを利用することです。

転職エージェントは転職支援のプロ集団で、これまで相当数の転職支援を成功させています。

転職支援の数だけ企業の採用支援をしているということになりますし、転職支援をしても必ずその求職者が企業に採用されるとは限らないため、転職支援の数以上に企業の情報を知っています。

転職エージェント以外の方法は転職サイトなど自己応募の方法になるのですが、求人選びから選考での企業の判断をすべて求職者が自ら行わなければなりません。

この環境は求職者にとっては非常に厄介でデメリットになります。

情報がないなかで、ある意味、求職者自身の価値観や感覚でブラック企業かどうかの判断をしなければならないため、転職前はブラック企業だと思っていない場合でも転職後にブラック企業だったというリスクが高まります。

ブラック企業のスクリーニング機能として自己応募は絶対に避けて必ず転職エージェントを利用するようにしましょう。

特にリクルートエージェントはオススメ

日本でトップの転職エージェントはリクルートエージェントです。

求人の数、転職支援の実績数、どれをとっても規模としては日本トップです。

リクルートエージェントだけがそうではないですが、最も確率論としてブラック企業のスクリーニング対策としてオススメできる転職エージェントはリクルートエージェントです。

なぜかと言えば、転職エージェントはノウハウ商売ですから、どれだけの数をそれまで支援してきたか、どれだけの数の企業と取引しているかがポイントです。

そう考えると大手でかつ、実績多数のリクルートエージェントを利用することが最も安全な方法である選択です。

他にも小規模の転職エージェントはオススメできますが、求人の数が少ないため、小規模の転職エージェント1社だけでは不十分です。

選考前にブラック企業を見抜く方法

実は、求職者としては転職エージェントなどから求人を得た段階でブラック企業かどうかをある程度、警戒することができます。

そのヒントは、企業の選考フローにあるのですが、企業サイドの採用に関する思惑を知っていれば、納得感があるはずです。

企業は高いコストをかけて中途採用を行い、求職者を採用します。

企業は経営を向上させるために採用後に給料となる人件費を支払い雇用します。

企業はボランティア団体ではないですから、何の経営貢献も期待できない求職者を採用することは絶対にありません。

そのため、選考フローは書類選考、適性検査、複数回の面接となり慎重に選考を行います。

この選考フローは1つの求人に対して1回だけではなく、同時に複数の求職者の選考を行いますから、複数回同じことが繰り返されるのです。

面接官は、選考が上位になればなるだけ役職上位の社員が面接官となりますし、最終面接の場合は、社長などの役員クラスがほとんどです。

企業サイドとしては、社長が1時間の面接を担当するとなれば、その時給はいくらでしょうか。

コンビニのアルバイトのように1000円前後の額ではなく数万円ということが容易に想像できます。

採用コストに採用時間、面接官の時給、採用後の給料、社会保険料負担・・・これだけ多くのコストが採用には必要になる訳ですから当然、企業は慎重になります。

しかし、企業のなかには、この慎重に行うべき選考を簡単に済ませる場合があります。

それこそがブラック企業の判断基準です。

ブラック企業では採用しても『どうせ、すぐに退職するだろう』や『社員は使いまわし』という考えを持ってしまっているため、すぐ辞めるであろう求職者に対して、採用活動にコストや時間を掛けることは意味がないと考えます。

求職者としては、企業の選考フローが長い場合、複雑な場合、『え?長いなぁ』、『応募してもどうせ受からないし応募はやめよう』などとネガティブな思いになることが多いのですが、ブラック企業のスクリーニング観点で考えると、そのような企業こそブラック企業ではないのです。

転職市場には絶対が存在しませんので、どれだけ選考が簡単であっても複雑であっても100%は言いきれないのですが、傾向が分かれば対策はできるでしょう。

選考フローが他の企業と比較してシンプルであれば、それだけブラック企業の可能性が高いということが言えます。

書類選考がない!?

選考フローがシンプルということのなかで書類選考はポイントです。

書類選考は企業としては最も選考数が多く手間も相当かかります。

企業は書類選考から段階を踏むごとに選考に進める数を減らしていきます。

書類選考が特別な事情なく求人で『なし』となっている企業はかなり怪しいと思ってください。

書類選考がない企業はブラック企業である可能性が極めて高いです。

離職率が高い業界を希望している求職者は書類選考を行わない選考フローを持つことが多いため、特に注意して欲しいのですが具体的には金融業界、通信業界、人材業界、不動産業界です。

この4つの業界は離職率が昔から高いことで有名ですし、社員の入れ替えもかなり激しいため、業界特有として、中途採用にそこまで工数を使ってもすぐ辞めるという考え方があるため、選考フローで最も手間がかかる書類選考をなしする企業もあります。

面接1回はブラック企業?噂の真相

求職者の間だけではなく、人事業界のなかでも噂になっていることがあります。

それは、『面接1回の企業はブラック企業である』ということです。

この噂は本当かどうかについて説明します。

結論としては、『ブラック企業であることもある』です。

確かに面接回数が1回だけの企業が採用活動に適当でブラック企業ということは良くありました。

しかし、最近は面接回数が1回でもブラック企業ではないことも良くあります。

『面接回数1回』という部分だけ切り抜いてしまうと、昔の風潮が優先されてしまいブラック企業の可能性が高いとなりますが、もう少し踏み込んで情報を整理しておくことが必要です。

今回の記事では、『もう少し踏み込んで』の部分もご紹介していきます。

面接官の数と立場

ブラック企業が行う面接1回方式は、面接官に役職がない人事担当者などの一般社員を用います。

この場合は、言うまでもなく採用活動に労力を使わず求職者を労働力としてしか考えていないことがすぐ分かるのですが、最近では企業の生産性向上が注目されているため、1回の面接で採用を終わらせるブラック企業ではない企業も増えています。

求職者は転職エージェントなどから求人を紹介してもらうと、その求人に選考フローの記載はあっても、それぞれの面接でどのような立場の社員が面接官になるのかまで記載がないこともあります。

求職者としては、面接が1回だけという理由でブラック企業と判断するのではなく、その1回の面接で担当する面接官がどのような立場の社員なのかキャリアアドバイザーなどから聞くべきです。

このようなシーンを想定した場合でも自己応募ですと、企業に直接、求職者が聞くことになりますが、現実的に聞くことが立場上できないでしょうし、企業に聞いても企業は選考前にそのような情報を教えてくれません。

自己応募ですと、面接1回の内訳が不明ですから、ブラック企業なのか?それともちがうのか?判断材料がないなかで選考に進むか決めなければならないのです。

転職エージェントを使えば、キャリアアドバイザーなどからこのような情報をキャッチアップすることができますので、面接1回の内訳がブラック企業に相当するものであれば辞退でしょうし、そうでなければ応募という判断ができます。

最近の面接1回方式のトレンドは、人事の課長クラスと配属先の責任者、その企業の社長の3人体制で面接官を担当することが多いです。

通常のように選考フローを複数回に分けているのであれば、1次面接で人事担当者と人事の課長クラス、二次面接で現場責任者、最終面接で社長となります。

本来3回行うべき面接をそれぞれの面接官を1回の面接に集約させてしまうやり方が流行っています。

このやり方は求職者にとってもメリットがありますが企業にもメリットがあります。

面接は、社内の場所確保、面接官のスケジュール調整、求職者のスケジュール調整が必要になり、文字で表現する以上に3者のスケジュールが合わずかなり大変です。

各面接で2名以上の面接官が担当し、それを複数回行うということはそれだけオペレーション業務が難しくなるということです。

今の転職市場は売り手市場ですから、企業としては有力な候補者がいれば、すぐに面接したり、スピード感も必要になります。

1回の面接で日程調整が合わず、再調整となればそれだけスピード感が鈍り他社で求職者が内定を取り辞退になることもあります。

企業としては事務処理の簡素化、そしてスピード感の確保を目的として本来複数回行うべきところを1回の面接で判断しようとしているのです。

1回の面接方式は、求職者は1回だけその企業に出向けば良いですし、また、面接準備も1回で済みますし、応募から内定までの期間も短縮することができます。

現職に在籍しながら転職活動をしている求職者が多いなかで、できれば早く転職先を決めたいと考えてもいるでしょうから、1回の面接方式は求職者にとっては好都合であると言えます。

このように面接1回の企業の考え方や狙いが分かっていれば、求職者も1回の面接=ブラック企業とはならないでしょう。

1回だけの面接であっても企業としては、経営の中核的人材が一挙に同じ面接内で面接官となる訳ですから、採用活動に力を入れていないのではなく、しっかりとした目的があっての採用戦略だと分かるはずです。

ブラック企業を見分けるには転職エージェントが一番

書類選考はブラック企業である可能性が極めて高いのですが、面接回数の少なさが必ずブラック企業であるということは今の転職市場では考えにくいことです。

あくまで噂は噂として考えておき、実際の情報は今回お伝えしたものですので、惑わされないようにしてください。

面接1回の企業がブラック企業どうかの基準は、その面接でどのような立場の社員が面接官として担当するかがポイントです。

この情報を知るためには転職エージェントを使わなければ知ることはできませんし、知ることで、面接1回の先の情報が見えてきます。

ブラック企業への転職は厄介なことしかありませんので、絶対回避したいのですが、その見極め方が分からなければなりませんし、ブラック企業かもしれないと思っても実は勘違いだったということもあります。

転職エージェントを使って正しい情報を入手して正しい判断のもと選考を受けて良質な転職をしてください。

広告を非表示にする