31歳の転職で給与アップするためにすべき最善の活動方法

スポンサードリンク

31歳は転職リミットと言われることも多いですが、そこまで悲観的になることはありません。

31歳であればまだ転職することが可能なんです。諦めずに理想の環境を目指して転職活動をしてみましょう。

ですが31歳という年齢を考えると、しっかりと計画を立て戦略的に転職活動を行うことが重要になります。

キャリアコンサルタントとして、多くの転職希望者を見てきましたが31歳で転職に成功している人はしっかりと研究をしています。

今回は31歳の転職市場と、どうすれば転職の成功率を上げられるかを説明するので参考にして下さい。

31歳の転職市場

転職市場は31歳までは、けっこう門戸を開いています。

31歳になると採用されるのが厳しいという声もありますが、よほど景気が悪くなければ31歳を積極的に採用する企業も多いです。

ですが、一方で31歳は転職のリミットの時期とも言われています。

その理由として31歳が転職のリミットとされるのは、60歳を定年と考えた場合、働ける期間が29年間になっているところから来ています。

日本の多くの企業では、32歳になると大半の会社が社員を班長や係長といった役職に昇進させ始めます。

31歳で実力があれば転職後の活躍次第で役付きにすることができるという意識もあり、大半の企業が31歳を一つの区切りにしています。

ですが最近では、大手の企業も中小企業も、31歳の年齢であれば積極的に採用する傾向があります。

その意味で31歳の転職市場は、大きく開かれています。まだまだ転職可能な年齢であるということです。

31歳で転職をするメリット

実は最近の転職市場では、31歳位の年齢は活発に転職をする傾向にあります。

特に中小企業で多い傾向があり、その理由は転職をすることで給料をアップさせることができるからです。

31歳の年齢になると、ある程度のスキルもあり会社に貢献できる人も増えてきます。

今は優秀な人材を確保することが難しく、スキルが高い31歳なら引く手あまたで転職できるのです。

また中小企業でも、高齢の社員が今後減少することになるので、今から31歳位の中堅を確保しようという動きもあります。

そのため給与が今の会社よりもアップする人も多く、転職で成功している例も増えています。

31歳で転職するデメリット

もちろん31歳で転職をするリスクもあり、それは今よりも給与が下がる可能性があることです。

転職で失敗する人の多くは、今の会社よりも給与が低くなったという人がほとんどです。

これは転職のやり方がわからず、転職サイトやハローワークを使って失敗するパターンが多いです。

転職は基本的に企業が有利になります。

転職希望者は早く転職をしたいので、少し条件が悪くなっても飲んでしまう傾向にあります

そうなると一番影響するのは、給与になりこうした理由で給料ダウンが起こってしまうのです。

31歳は将来のことも考えると、給与ダウンしてはいけません。

こうしたデメリットを防ぐためにも、転職エージェントなど転職のプロを利用することが大事になるのです。

お金は仕事のモチベーションのひとつになるので、ここで失敗しないように気をつけましょう。

31歳で転職しやすい注意すべき職種(業種)

31歳で転職しやすい業種は、情報通信業、医療、運輸です。

理由としては上記3業種は常に人手不足の業界だからです。転職サイトで、常に求人を行っているのもこの業種です。

情報通信業

成果が見えやすい業界の代表格です。年齢に関係なく、売れたら勤続年数に関係なくバンバン給与がインセンティブで上がるのが基本です。

売れる自信のある人は給与がすぐ上がり、居心地が良いです。反対に、売れなければ居場所がなくなり、辞めざるを得ないほど、激しい業界です。

医療関係

介護職などを代表格に、ブラックといわれる薄給で長時間労働、パワーハラスメントなどが多いと言われる業界で、転職しやすいです。

辞めていく人が多いので、雇われるチャンスも多いです。

運輸業

大型トラックの運転手はかなりの人手不足で、待遇も改善され始めています。また業界の構造上、社員に無理をさせているので、辞めていく人が多く、採用されやすい業界です。

基本的に転職しやすい業界は、辞めていく人が多いので求人も多いというのが現状です。日本の企業は採用を行うときは、退職者補充を行うのが常です。現在は労働基準監督署が

サービス残業や長時間労働に厳しく目を光らせているため、以前ほどブラックな環境を放置している会社は少なくなっています。

そういった意味では、転職しやすい業種として、いい条件で求人が出ていれば応募してみるのも一つの手です。

31歳の転職で成功しやすい職種

31歳の転職で成功しやすい職種は、営業職・管理部門・ITエンジニアの3職種です。

営業職

情報通信業での営業職などは、売れさえすればとてつもなく給与が良い職種です。給与を重視するならば、狙ってみるも選択肢の一つです。先述の通り、成果主義を謳う会社なので、売れる自信があるのであれば、挑戦してみるのも悪くはありません。

給与に不満があるという方には、ハードな営業職への挑戦をおススメします。

管理部門

総務・人事・経理、経営企画などの管理部門も現在、ニーズが高まっている職種です。

管理部門はいわゆるお金を稼いでくる部門ではなく、間接部門という会社ではある意味、お荷物扱いの部署でしたが、好景気により状況が一変しています。

リーマンショックなどが原因で、管理部門の人員削減が行き過ぎた結果、管理部門の仕事をまともに回せる人材がいないという会社がたくさん出てきています。

管理部門を新しく設立する会社なども出てきており、管理部門の経験がある人は、絶好の転職するチャンスであると言えます。

ITエンジニア

ITエンジニアの求人ニーズは高止まりする一方です。人手不足であるとこれだけ騒がれている職種は他にありません。

厳しい納期や過度な残業などの悪評で人が集まりにくくなっており、転職先には事欠かないという状況です。

またこれまでのようなマネージャー経験者しか採用しないというような風潮もなくなっており、現場で技術を磨きたいというようなキャリアプランを考えてくれる会社も増えています。

業種としてのニーズと、職種としてのニーズで最も高いのは、情報通信業の営業職です。

成果を出せば高い給与が得られるということで、非常に人気のある会社もあります。自分自身がどのような仕事をしたいか、よく考えて選択する必要があります。

未経験31歳は転職が難しいか

未経験者でも、31歳で転職することは可能です。ただし即戦力であるということが大前提です。

採用側の視点からすれば、出来ればこれまでの経験を仕事に活用してもらえることを期待しています。

20代の若者であれば、まだ伸びしろがあるということで、未経験でも採用はされます。なんでもやります、というアピールが許されます。

ですが、30歳を過ぎた人に求めることは、伸びしろではそこまで期待できません。

未経験であっても、これまで行ってきた仕事の経験内容の中から、未経験の仕事に活かせるスキルがあることをアピールできれば31歳でも採用される可能は高まるということです。

転職者には、未経験者であっても、即戦力を企業は求めています。

矛盾しているようですが、職種自体は未経験であったとしても31歳までに培ってきた仕事のノウハウやスキル、PDCAの回し方などがあれば、臨機応変に応用して、未経験であっても即戦力となってほしいということです。

仕事自体は未経験であったとしても取り組み方次第では即戦力で御社で活躍できます。その基礎能力はこれまでの仕事の経験の中で培ってきましたというアピールをすることで、内定へのハードルは一気に下がります。

性別による転職の違いはあるか

性別による転職の違いは、男女で残念ながら大きく違いがあります。

まだまだ古臭い体質の会社であれば、女性が転職すること自体が難しいという会社もあります

男性で31歳であればまだまだこれからという会社もある一方で、

女性であれば育休取得や産休などで仕事に穴が空くことを嫌う経営者がいる会社などでは、男性に比べて女性は正社員では採用されにくいという現実があります。

そういった会社を見分けるのは簡単で、求人などに女性が活躍していることをアピールしている会社や、正社員の男女比率を堂々と公開している会社などは

女性を採用することに前向きな会社である可能性も高いので、よく求人票や会社のホームページなどを確認するようにしてください。

面接の場などで質問するのも良いです。入念な確認を行うようにしましょう。

キャリアアップを狙う31歳がすべきこと

採用する側は資格を重視しません。経験を重視します。

キャリアアップするために31歳がすべきことは、まず目の前にある仕事に全力で取り組み、面接でアピールできる実績を一つでも増やしておくことです。

経理職を希望して簿記二級の資格取得を目指すなどはまだよいですが、資格欄をいたずらに埋めるためにするような勉強に時間を費やすことはおススメしません。

資格欄が全く現在されている仕事と関係ないもので埋め尽くされているような履歴書は落とされるモトになります。

勉強ばかりして実務を疎かにする人なんじゃないかと考える面接官も存在します。

現職中に何かアピールできるような企画をして、実行して完遂する。営業職であれば売り上げアップをする。いくらでも出来る事はあります。

目の前の仕事を大切にすることで、転職できる可能性もアップしていきます

現在している仕事と、転職先でしている仕事は繋がっていきます。目の前の仕事を大切にしてください。

31歳で転職に失敗しないためには

31歳の転職の成否は、事前にどれだけ情報収集できるかにかかっています。

インターネットが発達していますが、実際に面接を受ける予定の会社を事前に見に行ってみるのも良いですし、転職エージェントを活用するのも良いです。

会社には必ず欠点が存在します。給与、賞与、休日、人間関係、福利厚生、会社の雰囲気、仕事のやり方、会社の方針。

すべてを完璧に満たす会社はありません。

31歳にもなればある程度、自分自身が重視するものが分かってきているはずですので、事前に確認しておきましょう。

自分自身が求める条件に合致した企業があなたにとっての優良企業です。

31歳におすすめの転職方法

31歳で転職する場合、転職のノウハウを知らないことがほとんどです。

良い企業に転職するには、転職市場を良く知っていることが大前提になります。

しかしほとんどの転職希望者はそのことを知らず、ハローワークや転職サイトを使って自分で転職先を決めてしまいます。

この転職活動だと、どうしても企業側が有利になり、31歳の転職希望者は不利な状況で書類選考や面接をしなければなりません。

自分よりも若く将来性があるライバルや、今よりも条件が悪くなるリスクがある企業を選ばざろう得ないなどのデメリットもあります。

それを防ぐためには、転職エージェントを利用することをおすすめします。