仕事を辞めたい新卒の転職体験談!後悔しないにはどうすればよい?

スポンサードリンク

新卒で入った会社でも、思っていたのと違うと思って仕事を辞めたいと思う人は多いと思います。

私も新卒で入った会社で、希望していた仕事内容と違うことばかりさせられ仕事を辞めたいと思うようになりました。

ですが新卒で仕事を辞めると、この人は長続きしないなどのデメリットがあると思い転職するかは迷っていました。

恐らく私と同じ経験をしている人も多いと思います。

新卒で転職活動するとわかりますが、思っていたほどマイナス要素は少ないです。

問題は新しい職場の探し方で、計画的に進めれば新卒の転職は難しいことはではありません。

実際に私が行った転職活動を紹介するので、新卒で仕事を辞めたいと悩んでいる人の参考になればと思います。

新卒で辞めたいと思った理由

私が新卒で職場を辞めたいと思った理由は複数あります。

  • 仕事があまりにもキツい
  • 残業や休日出勤が当たり前
  • 社風が合わない
  • 労働時間が長すぎる
  • 給料が低くボーナスもまともに支払われない

仕事を辞めたい良くある理由がほとんどで、続けていくうちに不満が蓄積されたことで仕事を辞めたいと感じるようになりました。

また先輩達の給料がほぼ上がっていないと言う話を見聞きし、長期的に見て今の会社で働き続けることに価値を見出せなかったのです。

どの位働いて辞めたいと感じたか

新卒で入社しましたが、働いて半年ほどで退職を意識し始めました。

我ながら情けないなと思いますが、心が折れてしまう原因は色々ありました。

まず何より大きかったことが、技術職志望で入社したにも関わらず配属されたのが営業だったことです。

技術職の募集に応募し合格したはずが、新人研修が終わり部署に配属され蓋をあけてみれば営業職となっていました。

「明るい子だと感じたので営業が適任だと判断した」といった理由で、配属された後に聞きましたが、正直「騙された」と言う印象が拭えませんでした。

さすがに新卒で入社したので1ヶ月で辞めるのはと思い頑張りましたが、続けていくうちにやりがいも見いだせず辞めたいと思うようになりました。

辞めたいと思ったらすべきこと

ただ辞めたいと思っても、自分一人で考えていては決断が鈍ります。

こういったナイーブなことは、辞めたい悩みを相談できる相手にアドバイスをもらうのが一番です。

家族に相談

まずは家族に相談をしました。

実家暮らしで大学卒業後働き始めたばかりだったため、社会人になったとは言え親に相談することは当然だと考えたのです。

親からは「流石に早すぎる。社会人になると辛いことが沢山あるのだから、もう少し頑張りなさい」と説かれました。

結局会社には2年働いていましたが、最終的には連勤続きでボロボロになっていたため家族からも「頑張ったな」と労わられた記憶があります。

すぐに辞めず数年間働いて良かったかはわかりませんが、見守ってくれた家族に感謝しています。

貯金を心がける

当時の職場では働きつつ転職活動をすることが難しそうだったので、とにかく貯金をして転職活動までの間を乗り切るためのお金が必要でした。

転職を急ぎたくなる気持ちはわかりますが、仕事を辞めた後の不安を少しでもやわらげるためにも事前にしっかりとした準備が必要です。

貯金と言っても数か月分の生活費程度しか貯められませんでしたが、それでも無いよりはマシでした。

強い意志で退職希望を職場に訴える

退職する意思を固め準備が出来たら、その意思をハッキリと会社に伝えることが大切です。

退職とは強い意志を持っていないとズルズルと長引いたりうやむやになってしまうものです。

「いつまでに退職する」など具体的な目標を決めて上司に報告相談してください。

上司は恐らく引きとめたり話を流そうとするでしょうが、具体的な期日をこちらから提案すればそれに対して何らかの返答をするしかありません。

退職とは自らの強靭な意志があって初めて成り立つものだと思ってください。

新卒で転職活動をするデメリット

あまりにすぐ退職してしまうと「長続きしない意思の弱い人間ではないか」と受け取られかねないリスクが潜んでいます。

ただその心配も微々たるものです。

若さは武器ですから、自分の中でしっかりとした転職理由と情熱さえあればいくらでも融通が効くでしょう。

経験した身としては早い内の転職であればデメリットよりむしろメリットの方が大きい印象です

新卒で転職活動をしたメリット

私は2年で退職しましたが、早い内に退職して良かったと思っています。

体感的には20代前半の転職のハードルは低いと感じました。

理由は明白で、20代前半の内ならまだまだどのジャンルの職種であっても新人の段階です。

転職し新たな職場で働いても周りだって新人ですから大した能力の差はないのです。

ですので別業界への転職を希望する場合においても、早い内に行動することはメリットがあると言えるでしょう。

どんな転職活動をしたか

私は転職活動を転職エージェントで行いました。

ハローワークにも行きましたが、対応が悪く事務的で求人も私が知っているブラック企業も多かったので不安になり止めました。

転職エージェントのメリットは、無駄のない転職活動ができることになります。

無料で利用できるのに、書類作成や面接対策など、転職者が知りたい情報をしっかりと教えてくれます

また自分に合った求人も紹介してくれるので、仕事をしながらでも効率的に転職活動ができました。

新卒の転職活動はいつから行うべきか

いつから転職活動を行うべきかは、その後の人生に大きく関わるのでタイミングが重要です。

私の経験から言うと、転職活動は仕事を辞めたいと思ったときから開始すべきです。

そんなに早くと思うかもしれませんが、転職は思っている以上に大変で時間がかかります。

まだ耐えられるから大丈夫などと思っていると、状況が酷くなった時に辛くて動けなくなります。

転職活動と言っても、転職エージェントに登録するだけなら5分もあれば終わります

この5分を面倒がらずに登録しておけば、後々あの時に登録しておいてよかったと思うでしょう。

私は仕事を辞めたいと思って半年してから転職エージェントに登録しましたが、もっと早い段階で登録しておくべきだったと後悔しました。

なんか転職エージェントって面倒そうとおもってやらなかったのですが、使ってみると簡単でとても役立つ情報を手に入れることができます。

転職は運とタイミングもあるので、転職エージェントには辞めたいと思ったらすぐに登録すべきです。