仕事ができない人ができる人に変わる5つの仕事術

スポンサードリンク

仕事ができない人は、人生で大きな損をしてしまうことになります。

仕事のやり方は人それぞれですが、仕事ができない人は仕事のやり方に問題がある場合が多いです。

仕事を成功させるには運も必要ですが、日頃からの仕事術で運を引き寄せることもできます。

仕事で成功している人は、共通する仕事のやり方を実践している人が多いです。

これは自然と身につけた人もいるでしょうが、一般的には後天的に社会で身につける技術になります。

仕事ができない人は、この成功するためのプロセスに問題がある場合が多いのです。

仕事を成功している人は、大きく5つの上手な仕事術を実践しています。

仕事ができなくて悩んでいる人は、この5つの仕事術をチェックしてみてください。

仕事のやり方と意識を変えるだけで、仕事ができない人からできる人に変わることができます。

仕事ができない人が見直すべき5つのポイント

仕事ができない人は、効率的な仕事のやり方をわかっていないことが多いです。

これは成功した経験が少ない人ほど、仕事の効率が悪い傾向が高くなります。

逆に仕事ができる人は、効率的に作業を終わらせる仕事術を身につけています。

仕事のやり方は会社で習いますが、成功する仕事術を教えてくれる会社はほとんどありません

仕事ができる人は、どうすれば仕事で成功できるかの仕事術を経験や知識から身につけています。

これは仕事の失敗や成功など、色々な経験をすることで身につけられる技術になります。

基本的に仕事ができる人が実践している仕事術は、大きく以下の5つに分けることができます。

仕事ができない人はこの5つの仕事術を実践することで、仕事ができる人に変わることができます。

  • 仕事の目標を設定する
  • PDCAで仕事を管理する
  • 時間の使い方を見直す
  • 人を味方につける
  • メンタルを鍛える

上記の5つの仕事術は、仕事ができない人ほどできていない傾向が強いです。

当たり前のこともありますが、仕事ができる人とできない人の差はこうした仕事術の違いになるのです。

しっかりとこれらを意識して仕事をすれば、仕事ができない人も変わることができます。

仕事の目標を設定する

仕事ができない人が改善すべきことに、仕事の目標を設定することがあります。

仕事は一生続けるため、途中で目標を失ってダラダラ仕事を続けてしまう人が多いです。

こうした意識の低さは、仕事の効率を低くする原因にもなってしまいます。

普段から目標を設定することで、仕事への意識が高まり集中して業務をこなすことができるようになります。

小さなことでもいいので目標を設定したほうが、仕事のモチベーションが上がります

例えば営業であれば、今月は10件の顧客を獲得するなどです。技術系の仕事であれば、来月までに新しい技術を身につけるなどの目標を設定しましょう。

事務などの同じ作業であれば、もっと効率的な仕事のやり方を考えるのも効果的です。

人間は目標がないと、何となく怠惰に生活をしてしまう傾向があります。

仕事でもそれは同じで、仕事ができない人ほど目標を設定していないケースが多いです。

仕事ができる人は、常に新しい目標を設定して仕事に打ち込んでいます。基本的な仕事術になりますが、目標を設定することは仕事にも良い影響を与えてくれます。

目標を設定したら、それを達成するためのPDCAの実行が重要になります。

PDCAで仕事を管理する

仕事で目標を設定しても、仕事ができない人は達成できずに終わることが多いです。

これは仕事のプロセスができていないことが原因で、PDCAを見直すことで改善できるケースがほとんどです。

PDCAとはPlan(計画)、Do(実行)、Check(評価)、Action(改善)の4つのプロセスになります。

PDCAで仕事を管理することで、仕事のやり方を改善できるようになります。

仕事ができない人は、このPDCAで仕事を管理することで将来的に作業効率を上げることも可能です。

PDCAの基本的な考え方を学ぶには、これだけ! PDCAを読むと参考になります。

PDCAで仕事をすることによって、目標を達成するプロセスを改善することができます。

PDCAは仕事では効果的ですが、本を読んだだけで身につくスキルではありません。

仕事ができない人は、1回実践して駄目だと止めてしまうことが多いです。

PDCAは繰り返し実践することで、どんどん仕事の精度を上げることができるようになります。

1、2回で目標達成できなかったからと言って、すぐに止めずに継続する努力を続けましょう。

仕事ができる人は、目標を達成するために何度も挫折を乗り越えています。

時間の使い方を見直す

仕事ができない人は、時間の使い方が上手にできていない傾向があります。

時間は平等に与えられているようですが、時間の使い方で仕事の能率は劇的に変わります。

仕事での時間の使い方が悪いと、無駄な残業やスケジュールの崩壊に繋がってしまいます。

日本の仕事では、残業が多いほど仕事をしていると思われる風潮がありました。

しかし現在では経費削減などの影響もあり、仕事が早い人ほど評価される時代に変わってきています

仕事の時間を短縮させて、業務のスピードを上げれば仕事ができる人として評価されます。

仕事のスピードを上げるためには、習慣と環境を変化させることが効果的です。

上手に仕事時間を使う方法としては、あなたの1日は27時間になる。――「自分だけの3時間」を作る人生・仕事の超整理法がとても参考になります。

難しい管理はなく一般的なものですが、実践すれば仕事の能率を上げることができます。

もし時間の使い方に改善が見られない場合は、PDCAでしっかりと仕事内容を見直してみましょう。

悪い部分を改善させることが、仕事を効率化させる最も効果的な改善法になるのです。

仕事ができるようになるためには、時間の上手な使い方は避けて通ることができません。

人を味方につける

仕事はどんなに効率化しても、最終的に人間が関わってくることを忘れてはいけません。

人間関係が上手にできていれば、多少のことは大目に見てもらえます。

仕事ができない人は、人間関係が上手にできていない傾向にあります。

言い方は悪いですが、仕事ができない人でも評価されている人はたくさんいます。

そういった人は、権力のある人物から気に入られている傾向が強いです。

媚びを売るのは賛否があるでしょうが、上の人間に気に入られることは仕事ではとても重要になります

これも一つの仕事術になるので、仕事ができない人は参考にすべきテクニックになります。

また上司だけではなく、同僚などの人間関係も上手な人は仕事ができる傾向が高いです。

人を味方につけられる人は、仕事で成功しやすい環境を作っていると言えます。

人間は一人では仕事ができないので、誰かのサポートが必要な時は必ずあります

こういった状況でどれだけ味方が多いかで、仕事ができるかできないかが変わってきます。

人に好かれるのは難しいと思うでしょうが、意識を変えるだけで誰からも好かれる性格になることができます。

世界の大富豪2000人がこっそり教える「人に好かれる」極意 (王様文庫)は、人に好かれるための共感できる生活習慣が書かれています。

誰でも納得できる内容なので、一読してみる価値が高い本になります。

人を味方につける技術を手に入れれば、能力が多少劣っていても最終的に大成できる可能性が高くなります。

ただし全く仕事ができない人に共感する人は少ないので、しっかりと普段の仕事を達成する意識は持ちましょう。

メンタルを鍛える

仕事で失敗することは、誰もが経験して乗り越えなければならない壁になります。

仕事ができない人は、この失敗を繰り返す癖がついていることが多いです。

仕事ができない人はメンタルを鍛えることで、仕事ができる人に変わることができます。

仕事ができる人でも、最初から効率的に作業ができている人はそれほど多くありません。

失敗から何かを学び、次へ繋げることで少しづつ仕事ができる人に変わっているのです

仕事ができない人は、メンタルが弱く失敗から学ぶことができていない傾向が強いです。

メンタルは性格的なこともありますが、自分の意志で改善できる要因になります。

メンタルが強い人がやめた13の習慣は、メンタルを鍛えるための考え方を学ぶことができる良書です。

仕事にも活かすことができるので、仕事ができないと感じている人は一読しておく価値がある本になります。

メンタルは日々の生活にも大きな影響を与えるので、常に良い状態にすることが重要になります。

精神面を時代遅れという人もいるかもしれませんが、仕事はメンタルが大きく関わる大事な要素になります。

日頃から良い精神状態を作ることで、仕事もできる人になることができます。

仕事ができると世界が変わる

仕事ができない人は、自分の仕事術を改善することが重要になります。

仕事ができるようになる効果的な方法としては、できる人の仕事術を真似ることになります

仕事の取り組み方や時間の使い方など、できる人はきちんとした理由があるのです。

そういった良い部分を取り入れることで、仕事の能率化に繋がり仕事ができる人へと変わることができます。

効率的に仕事ができるようになれば、評価も上がり将来的にも役職に就ける可能性が高くなります。

仕事ができる人になれば、自分の思ったように会社を動かすことも可能です。

ちょっとした意識で変わることができるので、自分の仕事術が効率的かを見直してみましょう。

一つ一つ悪い点を改善していけば、誰もが必ず仕事ができる人間に変わることができます。

仕事ができないと嘆くだけではなく、仕事ができるようになるためのアクションを起こすことが成功への秘訣となります。

環境が悪く仕事ができない人も多い

キャリアコンサルの仕事をしていると、仕事ができない人の中には、勤めている環境が悪いケースも見かけます。

ブラック企業や残業の多い企業に勤めていると、激務のため仕事が終わらず仕事ができないレッテルを貼られてしまいます

また上司と合わずに不遇の扱いを受けている人も、仕事ができないと言われているケースが多いです。

こうした状況は同じ会社に勤めている間は変わりません。

これはとても残念なことで、環境が変われば実力を発揮して仕事ができる人になったケースも多々見てきました。

難しい決断になりますが、会社や上司の理由で仕事ができない人は転職を検討してみるのも一つの方法です。

広告を非表示にする