エンエージェントは適性検査対策には持ってこいの転職エージェント

スポンサードリンク

エンエージェントと聞いて、すぐに転職エージェントと認識できる方は恐らく20代の求職者の方でしょう。

エンエージェントは、昔はエンジャパンとして新卒採用事業(ナビサイト)の運営を行っていました。

一気に事業撤退しエンエージェントとして、転職エージェント事業を開始した理由は何でしょうか。

このあたりも含めてご紹介したいと思いますが、まずは、エンエージェントの特徴から今回の話を起こしていこうと考えます。

エンエージェントはブラック企業紹介の噂もあるが本当か?

世の中にはブラック企業やそれに近い企業が存在し、求職者の方としては、せっかくの転職でブラック企業やそれに近い企業に転職しては意味がありません。

転職エージェントのなかには、スクリーニングをしっかり行いブラック企業の紹介率が少ない転職エージェントもあります。

ですがエンエージェントではスクリーニング機能を持っていませんので、受注する求人のなかにはブラック企業も存在します。

ただ、エンエージェントがブラック企業と分かって求人紹介に至っているかと言えば、そのようなことはありません

スクリーニング機能はありませんが、企業の採用支援を行う営業担当者が企業の求人を受注します。

求人情報を作るために企業と打合せを行いますが、その打合せである程度、ブラック企業かどうかの判断をしています。

もし、そこでブラック企業だと判断した場合は、エンエージェントは求人の依頼は断ります

ただし、ブラック企業の紹介が多いという噂は全くの嘘ではない理由があるようです。

それは、エンエージェント自体がハードワークであり、各営業担当者やキャリアアドバイザーは自社の労働環境がハードワークであるがゆえに、ブラック企業かどうかの判断力が麻痺しているといわれています。

この結果、営業担当者はブラック企業だと気づくことなく求人を受注してしまい求職者の方はキャリアアドバイザーから紹介される求人のなかにブラック企業の求人も紛れ込んでいるということです。

ここでエンエージェントを利用する上での対策をご紹介します。

他の転職エージェントと同時利用でセカンドオピニオンにする

エンエージェントは利用価値ある転職エージェントであることは間違いありません。

ですが残念ながらブラック企業の求人も紛れ込んでいますので、エンエージェントを利用する上では注意や対策が必要です。

エンエージェントだけを単体で使うということは、求人の選別をキャリアアドバイザーと自分が行うことになり、頼るべきキャリアアドバイザーの感覚がズレているため、ブラック企業であっても応募しても良いというアドバイスになります。

そこで同時に他の転職エージェントを利用してエンエージェントから紹介された求人企業を求人は教えずにその転職エージェントに相談してみてください

その他の転職エージェントはできれば大手の転職エージェントではなく中小規模の転職エージェントが良いです。

中小規模の転職エージェントは転職支援の質にこだわり細かいアドバイスもしてくれますし、ブラック企業の判断基準を明確に持っていますので、エンエージェントどの同時利用は相性が良いです。

エンエージェントは求人数が豊富

ここ数年で転職エージェント事業を開始したとは言え、もとの企業は大きい企業ですし、新卒採用事業で得た企業アカウントを活用して幅広い企業との求人取引ができています。

そのため、求人の数はかなりあり転職活動には十分な転職エージェントと言えます。

しかも、エンエージェントは、自社で同時運営している転職サイトがありますので、エンエージェントを利用するともれなく転職サイトも利用することができるようになります。

転職サイトの求人も合わせると求人数としては、かなりの数になります。

これだけの求人数がエンエージェントから紹介される可能性があるとすれば、エンエージェントだけで転職活動を終えることができると言えます。

もちろん、求職者の方には転職希望条件があると思いますので、そのすべてが紹介されるとうことはありませんが、それを差し引いても十分な求人数があると言えます。

第二新卒の転職支援に強い

エンエージェントの転職支援で得意としているジャンルは第二新卒です。

第二新卒は、少し前までは珍しかったのですが、今は第二新卒市場と言われあまりに市場規模が大きくなったため、人材業界のなかでは一つの市場になっています。

その影響で、多くの転職エージェントが第二新卒に特化した別の転職エージェントを立ち上げる状況です。

エンエージェントは大手の転職エージェントですが、第二新卒に特化した別の転職エージェントは持っていませんが、かつての新卒採用事業で得たノウハウを活かして、新卒入社後間もなく転職を希望する若年層への転職支援を得意にしています

その他としては大手企業の求人の紹介確度が高いことも特徴と言えます。

適性検査対策が素晴らしい

企業の選考フローにおいて、書類選考とともに求職者の方のなかで苦手にしている選考は適性検査です。

適性検査は自宅受検、企業内で受験する方法の2つがありますが、いずれにしても難関です。

適性検査の内容は性格診断と言語・非言語の『お勉強』の試験の2つです。

どちらも30分ずつの受検時間になります。

実はエンエージェントは、適性検査対策が充実しています。

その理由は、新卒採用事業を展開していた時代に自社で適性検査サービスを、取り扱いそれを法人向けに売っていたからです。

転職エージェントとなった今もサービス自体はありませんが、そのノウハウは社内に蓄積され、転職支援のなかの適性検査対策に活かしています

求職者の方は適性検査を勘違いしていることが多いのですが、適正検査で重要視されるのは言語・非言語だけではなく性格診断も同じです。

求職者の方には、言語・非言語が重要ということで必死にそれだけを勉強する方もいますが、性格診断も勉強が必要です。

勉強と言っても、『どう答えればどのような判定がされるのか?』という傾向を知るという意味ですが、エンエージェントであれば、性格診断の対策もばっちりできます。

もちろん、言語・非言語においても新卒採用事業時代に他社の適性検査の商品研究をする上で実際に受検していたりしますので、どの適性検査が選考フローにあっても十分、対策を取ることができます。

エンエージェントを利用して企業の適性検査を受検した場合、通過率は8割以上ということで、一般的に考えると4割程度ですので、倍の通過率になっています

エンエージェントは使い方次第で役立つ

エンエージェントは営業力を強みにしているため、求職者の方が自分が転職したい企業が特定されているのであれば、エンエージェントに相談してみてください。

絶対ではないですが、その企業が中途採用を行っている場合はかなりの確率でその求人を獲得して求職者の方に紹介してくれます

エンエージェントは、転職支援のなかで適性検査以外はそこまで特徴的なものはありませんが、転職サイトとの同時に利用から求人の数は十分確保できますし、何より適性検査対策がかなり求職者の方としてはメリットがあると言えます。

利用する上での注意点もありますが、そこは対策すればデメリットに感じることはありませんから、エンエージェントの強みを最大限活用して転職成功を掴んでください。