エリートネットワークの評判 愛がある厳しさで転職を手に入れる!

スポンサードリンク

転職エージェントのなかには中小規模の転職エージェントが多く存在し、転職エージェント全体の約9割がそれに該当します。

つまり、大手の転職エージェントは1割程度しかないということで求職者の多くは複数の転職エージェントを利用するにあたり中小規模の転職エージェントを利用していることが多いはずです。

中小規模の転職エージェントの特徴はそれぞれに違いがありますが、その約半数以上は、リクルートエージェント出身の経営者が創設していることをご存知でしょうか。

リクナビエージェントには独立支援制度というものがあり、独立する場合、一定の在籍期間と成果があれば、独立支援金をリクルートエージェントから得ることができるのです。

それを使って独立した経営者が立ち上げた転職エージェントが今回ご紹介するエリートネットワークです。

中小規模の転職エージェントは多分に前職であるリクナビエージェントの影響を受けているのですが、エリートネットワークほど、その影響をもろに受けている転職エージェントは他にないと言えます。

今回は、転職エージェントのなかで異質とも呼ばれるエリートネットワークについてご紹介しますが、エリートネットワークの転職エージェントとしての文化とその文化が求職者にどのような影響を与えるのかから話を起こしていきます。

エリートネットワークは優秀なエージェント?

まず先にエリートネットワークは転職エージェントとして優秀かダメかという極論から話しますが、エリートネットワークは、優秀です

リクナビエージェントの社員は厳しい環境のなかで相当な仕事量をこなしていて、転職事情や企業情報に長けています。

エリートネットワークの経営陣の多くはリクナビエージェント出身で、かつ、リクナビエージェントの企業文化をかなり受けていますので優秀なキャリアアドバイザーが多いです。

しかし、優秀という定義が違えば、また、求職者が転職エージェントに求めることが違えばその逆もありますが、一般的に考えると優秀であることは間違いありません。

エリートネットワークは、転職エージェントのなかで最も求職者に厳しいと言われています

求職者には、現職や前職に何らかの不満があり、それを解決するために転職という手段を選ぶ場合やその不満が客観的に見るとわがままではないか?と感じるような理由で転職を考えることも少なくありません。

このようなとき、通常の転職エージェントの対応としては、転職支援を当たり前にしてくれます。

しかし、エリートネットワークの場合は、当たり前に転職支援してくれません。

転職支援して欲しい求職者からすると転職支援を拒否されるという場合もありますし、それがなくても登録面談でかなり厳しい指摘や注意を受けます

転職活動を辞める人も多い!?

この厳しさにより、転職活動自体を辞めて現職に残るという選択をする求職者もいます。

それが原因で求職者からの評判が悪いこともありますが、一概に悪いとは言えません。

転職エージェントは転職支援することで利益を得るビジネスモデルですが、その利益よりもエリートネットワークでは求職者のキャリアを一番に考えています。

余談ですが、『第二新卒』という言葉を聞いたことはあると思いますが、この言葉はリクナビエージェントが作った造語です。

最近では第二新卒の求職者が急増し転職市場ではひとつの大きな市場になっていて、広辞苑にも載るぐらい当たり前になっていますが、元はリクナビエージェントがビジネス用に作った造語です。

エリートネットワークは第二新卒の求職者に対してはかなり厳しい当たりをして、転職するのではなく現職で実績を積んで転職するのであれば30代前後にしなさいと注意します。

リクナビエージェントも現在は第二新卒に特化した転職エージェントを持っていませんが、このあたりもエリートネットワークは影響を受けています。

求職者は、自分の転職希望理由が正当なものかどうかは客観的に知ることは難しいですし、エリートネットワークは豊富な企業情報も持っていますので、それと対比した上で正当かどうかを判断し転職しないアドバイスをしてくれます。

登録面談がポイント

エリートネットワークを語る上で最大のポイントは登録面談です。

登録面談でどのようなことがあるかは先述の通りですが、エリートネットワークから転職支援の快諾があれば、その求職者の転職理由は正当で変に転職理由を作り込むことなくそのまま企業の選考でも通用するという証明です。

エリートネットワークから転職支援を受けることができる場合は、自信を持って転職活動をするべきです。

エリートネットワークでは、その場で求人の紹介はしてくれません。

このあたりもかなり慎重でいったん、エリートネットワーク社内で自社で抱える求人情報と求職者の職歴と希望を照らし合わせて確実に合っているという求人を厳選して探します。

そのため、紹介される求人の数は、転職活動全体を通してもそこまで多くはありませんし、むしろ少ないと思った方が良いです。

求職者からすると転職活動の幅を広げ、転職活動の生命線とも言える求人紹介が少ないということはそれだけリスクになることもありますので、エリートネットワークだけを単体で利用するよりも他の転職エージェントとの同時利用が良いです

本当の転職成功を実現できる!

数少ない求人紹介から求職者がその求人に応募すると半数を超える確率で内定を勝ち取ることができます。

エリートネットワークは求人企業から特別な選考フローを貰っている訳ではありません。

求人紹介するまでにかなり厳密に選定しているため、求職者の条件と企業が求める条件が合致していることが多く、それにより選考もスムーズに進み内定を得ることができています

企業からしても自社の採用ターゲットのど真ん中の求職者であれば断る理由がありませんから当然、採用しようとします。

エリートネットワークを利用すると紹介される求人すべてが自分の希望条件に合致したものばかりですので、転職確度は上がると考えて良いです。

得意な転職支援ジャンル

エリートネットワークの得意な転職支援ジャンルはキャリアコンサルティングです。

登録面談も含めて転職支援中に適宜、求職者のキャリア形成を一緒に考えてくれます。

このキャリア形成は転職後も役立つものになりますので、エリートネットワークを利用する価値は高いです

また、自己分析においても特徴があり、登録面談で自己分析のヒントとなる部分も教えてくれます。

そのため、エリートネットワークの登録面談は2時間以上になることも普通にあります。

この登録面談は求職者からすると長時間に値する価値がありますし、登録面談してくれるキャリアアドバイザーがエリートネットワークの経営陣の場合もあります。

首都圏中心の転職活動向け

エリートネットワークは転職エージェントのなかでもかなり変わったタイプの文化を持っていますので、求職者はエリートネットワークに登録すれば必ず転職支援を受けることができると思ってはいけません。

自分の転職理由やキャリアビジョンが明確でなければ、登録面談でお断りを受けることになりますので注意が必要です。

エリートネットワークは中小規模の転職エージェントで東京を中心とした転職支援を行っていますので、首都圏を希望する求職者にとっては本当の転職活動ができると言えます

総合的な評点をつけるとすれば、エリートネットワークについては、『80点』です。

マイナス20点は、求職者によっては厳しすぎるという評価を持つでしょうし、転職支援エリアが狭いというところです。